excitemusic

2006年2月から4月で南極・南米を周りました。7大陸訪問達成!連絡先は以下でお願いします yuheihosono@hotmail.com
by yuheihosono
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
検索
タグ
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

新しい税理士を探してみた

母の代から続く

今の税理士の仕事っぷりに

余りにも絶望感を覚えたので、

新しい税理士を探してみた。

で、中野区で地元密着で

設立から初めの二年間は安くしときまっせ♪

という商売人根性を感じる事務所に行ってきた。

資本金と、売上と現状のキャッシュを説明したら、

成長の早さとキャッシュの少なさに絶句。

『それ、ヤバいですね。最速で借入しましょう。』

と、いうことで合意。

ほんと、

なんでこんなになるまでほっといたんですか

って感じでした。

良い医者と良い税理士は、

早めに見つけて相談に限ります。
[PR]
by yuheihosono | 2010-03-28 10:23 | 仕事

書道家中塚翠涛TVデビュー

ってことで、たまにはブログに書いてあげる。

友達で書道家の中塚翠涛(すいとう)先生が8チャンネルの特集に

出るということなので、事前にブログで事前に書いときます。

本日深夜の3月27日24:05~24:10
フジテレビの「キレイのタネ」

という番組だそうです。

変なイメージはつけたくない、

ということで、メディアへの露出に非常に慎重だった

すいとう先生ですが、とうとう特集番組が組まれました。

既存のシステムが崩壊すると男たちはしゅんとしてしまいますが、

組織に縛られない女性の方が逆に生き生きと

新しい世界観とか価値観を

世の中に解き放ってますね。

頑張れニッポンのマスラオ達!

すいとう先生ブログ
http://ameblo.jp/suitou-nakatsuka/
[PR]
by yuheihosono | 2010-03-27 16:57 | 仕事

キャッシュが足りない。。。

同情するなら金をくれ。

安達裕美の名言にうなずいてます。



金がないっす。

正確に言うと、現金が不足してます。

会社の成長が速すぎて、

売り上げの回収と

次のセールのための在庫仕入れの

タームがかみあわない。

ほんと自転車操業。



昔は、

銀行からお金借りるなんてありえない、

VIVA☆無借金経営☆

とか思っていたけど、

それ、無理。



子供の時の夢は捨てて、銀行に行きます。

頭下げます。靴もなめます。

その代り、生き残ります。



成長をとるか、

安全策をとるか。

もたもたしていたら、市場を他人にとられて、ゲームオーバー。

急ぎすぎるとキャッシュがなくなって、黒字倒産。



まるで、

全力で走りながら呼吸を整えてくださいね♪

って言われているようで、

そんなことできるか!

っていいたくなる。



でも、人生ってそんなもんか。

まだ他人が成し遂げていないことだからこそ、

世の中にとって価値があるし、

達成する面白みがある。

ほんと、しんど楽しい。
[PR]
by yuheihosono | 2010-03-26 00:46 | 仕事

会社作りました。

タイトル通り、会社を作りました。

今までは有限会社吉沢という会社名で

ルコリエという屋号がついておりましたが、

ネットのビジネスがさすがに大きくなってきてたため、

会計上のすみわけの必要性から

株式会社ルコリエ

という会社を作りました。(ややこしいね)



今のところ自慢できるものは設立記念日だけで、

平成22年2月22日午後2時ごろ設立です。
(午後2時というのは記録に残らないけど。。。)



会社というのは登山に似ている、

と最近とみに思います。

登山はより高みを目指せば目指すほど、

空気は薄くなり、適切なスキルを身につけていかなければ、

命の危険は増していきます。



創業時は、規模があまりに小さいため、

商品の在庫も、キャッシュの

管理も直感的に理解できます。

人の管理もなく、とにかく売り上げの確保という

一点に自らの意識を集中できます。



でも、商品数が100を超えるあたりから、

直感的な在庫管理がむずかしくなります。

売り上げが月200万を超えたあたりから、

自分の給料を0にしただけでは、

支払いができないかもしれない、という問題が生まれます。

そして、出荷数が一日20を超えると

人を雇わねば、まともに仕事ができなくなります。



仕入れも、販売も、キャッシュフローも、

全てが相互に連関しているため、

どこかがうまくいかなければ、

全てがうまくいかなくなるんです。

その規模に応じて発生する問題に

うまく対処していかなければ、

大変残念な結果になります。



ちまたに言われる通り、

開業した会社の7割は3年で消えます。

10年で9割です。

事業を手にするという圧倒的なロマンの

背後に、起業家が常に感じているのは、

倒産という名の、死のにおいです。



高度8000メートルから上は

そこにいるだけで命を削られるデスゾーン、

と言われますが、正に起業家とは

このデスゾーンの中に生きる人間なんだと思います。



でも、

登山家は、そこに死があるということは、

百も承知で山に登ります。


事業家も、倒産&自己破産という名の社会的な死を

肌に感じながら、日々の商売に身を投じます。



どちらも、未知なる世界を見るため、作るためならば、

命をかける価値がある、とか考えちゃう、

救い難い性の持ち主なんだと思います。



ということで、自己破産にまた一歩近づいちゃいましたが、

社長になりました。

どうぞ今後とも、株式会社ルコリエをごひいきに。

a0032888_102772.jpg

2002年↑エベレスト街道にて撮影
[PR]
by yuheihosono | 2010-03-11 01:01 | 日常

クリストファー・ドミターの世界

ブログは世界につながっている。

そう、思い起こさせることがあります。

かれこれ3年ほど前でしょうか、

ブログで書いたんです。

この写真家はすばらしいって。

http://yuhei.exblog.jp/5307227/

クリストファー・ドミターさん。

日本の風景写真に特化されている写真家。


日本の美を日本人以上にうまく表現されてしまった

って書いたんですけど、そうしたら、

先方から連絡を頂きまして、お会いしたのが

かれこれ数ヶ月前。

ご自宅を訪問して驚いたのは、

日本関連の歴史書、特に中央アルプス近辺の

書籍。写真を撮るなら、その時代背景、街道の物語を

知るのは当然ですよね!といわれてとても日本人として

恥ずかしい思いをしました。。。。



その圧倒的な世界観を、もっと多くの人に知ってもらいたい!

ということで、僕が依然連載していた朝時間.jpの

スタッフさんに繋いで、連載がスタートしました♪

http://www.asajikan.jp/wmphoto/reporter67/archives/250

戦後の成長期からバブルを経て

消滅の一途をたどってきた、日本の原風景。

でも、僕たちの郷愁の中に息づくその風景を

カナダ人の写真家によって見事に発掘し、描き抜いた。

その驚きと感動を、ぜひ味わってもらえたらと思います。

ドミターさんオフィシャルサイト
http://domitter.net/
ドミターさんの写真For冬の風景
http://www.snowjapan.com/e/gallery/index-domitter.html
ドミターさんの風景for中央日本AND佐渡 秀逸!
http://outdoorj.japan-adventures.com/galleries/gallery-domitter.html
[PR]
by yuheihosono | 2010-03-04 22:18 | 日常