excitemusic

2006年2月から4月で南極・南米を周りました。7大陸訪問達成!連絡先は以下でお願いします yuheihosono@hotmail.com
by yuheihosono
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
検索
タグ
(1)
(1)
(1)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2008年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Perfect Blue

紺碧の青空は、
地球で一番美しい色の一つだと思う。

東京では奇跡的な青空の下、
友人の結婚記念写真の撮影。

朝を愛する彼女らしく、
完璧なる朝時間だった。

a0032888_0433318.jpg

[PR]
by yuheihosono | 2008-12-28 00:49 | 日常

百年に一度の好機

みんなが不況不況っていうので、

チョット書いてみました。

でも、そんなに嘘じゃないです。

今うちのお店は去年の2倍強ぐらいのペースで売れています。

先月単月だと3.5倍強ぐらい。

オーダーが裁ききれないので、去年の一人黙々体制から、

今月は3人で猛然とオーダーを裁き商品を売ってます。

なんでこんなことになるかというと、理由はシンプル。

消費者が安くて実用に足るものを求めているということ。

楽天という場所は元々少しでも安くて実用に足るものを求めてくる

場所だったわけです。

それがこの世紀の不景気という事で、

少しでも安くいいものを求めて、これまでパソコンが

出来なかった主婦層までが、なだれをうってネットでの

購買にシフトしてきています。

この主婦層の行動変化によって、デパートなどの

売り上げは今壊滅的な状態で、駅近くに法外な手数料を

払って店を出すというビジネスモデルは過去のものと

なろうとしています。

------------------------------
不景気といっても、数字だけを追うなら前年度より1%程度社会の

総生産量が減るだけのことじゃないですか。

もし、みんな「平等に」売り上げが1%減るだけならどうってことは無い。

ちょっと我慢すれば良いだけの話。

でも、不景気の本質とは、人間のお金の使い方・行動様式、

言うならば「時代の流れ」を劇的に加速させ、

古いビジネスモデルに必死にしがみついて頑張ってきた人達を、

津波のように押し流し、変化に適応したものを劇的に成長させる、

そういったものなのだと思います。

ビッグスリーとかデパートとか、

日本という国の政治システムとかも。
-------------------------------

でも、守ろうとするものには100年に一度の危機だけれど、

挑戦するものにとっては100年に一度の機会。

アフリカの空港に一人でバックパックを担いで降り立った時のような、

未知に対する2割の恐れと8割の好奇心があったあの時のような心境。

暴風雨の中でじっとするのも手だけれど、

その中でもあえて帆を高く掲げた人こそ、

どこまでも遠くにいけるかも、そんな気もするんです。
[PR]
by yuheihosono | 2008-12-16 02:59 | 仕事

Table for Two アフリカンパーティー。

何でも言ってみるもんだ、

と改めて思った。

今日はTable for Two主催のクリスマスチャリティ

イベントに行ってきた。
http://www.tablefor2.org/jp/index_jp.html

事務局長が戦略コンサルティングのマッキンゼー出身の方なので、

他の慈善団体が行うパーティーと違って、著名な

事業家や社会事業家が山のように来ていた。

クリスメラキャッチを日本でブレークさせるために、

企業家の人たちに商品を見せてアイデアを聞いて回ってみた。

まずDeNAの南場さん(ビッダーズとモバゲータウンの会社)

のところに相談に行ったら、私ピアス安いのしかつけないの!

といって撃沈させられた。

というか、「あなたの店ビッターズに出店しなさいよ、約束ね!」

といって出店を口約束させられた。

ミイラ取りがミイラである。

その後も何人か企業家の方とかマスメディアの方に相談したけど、

うまいアイデアが出てこない。

仕方ない、奥の手だ。

あまりにも恐れ多すぎて腰が引けていたのだけれど、

リヴァンプの玉塚さん(前ユニクロ社長・現企業再生投資会社社長)

のところに相談に行った。

「このピアスキャッチは必ず世界に広まる製品だと思うんですけれど、
まず日本で広めるためにどういうマーケティングをしたら言いか悩んでるんです」

と言ったら、

「じゃあ一緒にブレインストーミングしましょう。メール下さい」

と言って連絡先を渡してくれた。

本当に、世の中何でも言って見るもんです。

リップサービスな気も多分にするけど、でも、ひょっとしたら

ちょっとは道が開けつつあるかも知れない、

そんな気がした冬の夜です。
[PR]
by yuheihosono | 2008-12-11 02:06 | 仕事