excitemusic

2006年2月から4月で南極・南米を周りました。7大陸訪問達成!連絡先は以下でお願いします yuheihosono@hotmail.com
by yuheihosono
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
検索
タグ
(1)
(1)
(1)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

高円寺阿波踊り観戦ガイド

今週末高円寺阿波踊りが開催され、
僕も出演する予定なので、観戦ガイドを
シェアしたいと思います。

高円寺阿波踊りは、東京3大祭りの一つに数えられ、
3日間の人出が120万人とも140万人とも言われる
東京最大の祭りイベントの一つです。

開催期間は、今週金曜日から日曜日にかけてですが、
金曜日は前夜祭で本祭は土曜日と日曜日の
18:00~21:00に高円寺駅一帯を封鎖して行われます。

オススメは、圧倒的に土日の本祭です。

踊る場所は高円寺駅を中心にした9箇所の演舞場
という場所で行われ、この演舞場を各踊りの団体が
まわっていく形になります。

で、他の祭りイベントと同じく重要なのは、観戦ポイントです。
なぜなら、阿波踊りは、時間単位あたりのカロリー消費が
ボクシングと同じといわれるぐらい消耗の激しい運動なので、
ぶっちゃけ踊り子はすべての局面を全力では踊れません。

でも、ほぼ間違いなく各チームが全力で踊る場所が一箇所あります。
それは、高円寺駅の南側の中央演舞場。

<各演舞場の配置図はこちら。>
http://www.koenji-awaodori.com/ja/festival/guide/


ここは、各団体の踊りを審査する審査員席があり、
そして、坂を上がりきったところには杉並区のローカル
テレビ局が生中継で地区一帯に放映しているため、
全力で踊らざるを得ない(笑)

何より、観客の数もここは軽く数万人に達するため、
踊り子も否が応にも燃えてしまうんです。

ので、開始2時間前に来る根性があれば、
中央演舞場を死守するのが本当にオススメです。

でも、そんな人ごみがいやという方には、
駅の屋根つきの商店街である、パル演舞場が
すごくおすすめ。

ここは、狭い商店街の路地を踊り子が練りあるく
んですが、なにせ、観客と踊り子の距離が触れるぐらい
近い。だから、特定の誰かを応援に来ている場合は、むしろ
こちらのほうが、お互いに絶対認識できるので良いです。
(中央演舞場だと、幹線道路を踊るので、踊り子から観客を
認識するのはかなり難しいです。)

まあ、このパル商店街でもおそらく、1時間前ぐらいには
来ないと場所取りが厳しいと思います。

でも、花火大会に比べれば楽勝ですよ。
そして、この踊りのほうが絶対見て楽しい!
太鼓の音を聞くと日本人としてホントうずうずしちゃいます。

僕は高円寺の飛鳥連で踊ってます。
男の踊り子の4-5列目(大通りの時)にいると思いますんで、
見つけたら声かけてくださいー。

<各演舞場の配置図はこちら。>
http://www.koenji-awaodori.com/ja/festival/guide/
<各連のスタートのポジションはこちら:僕は飛鳥連です>
http://www.koenji-awaodori.com/ja/festival/start/

では、当日お会いできる人はお会いしましょう!
[PR]
by yuheihosono | 2007-08-23 03:13 | 阿波踊り

富士登山編~雲上に日本最良の風景が広がる~

2007年8月18日 富士登山編

日本で最高の風景を求めて富士山山頂まで登って来ました。
仕事仲間を中心とした、20代から40代までの精鋭達8名。

高山病と台風並みの暴風にはとことん苦しみましたが、
はるか地平線を覆う雲海の上には、果てしなく連なる青空と
劇的な朝焼けが待っていました。

山頂を見上げる度に、何度もくじけそうになりましたが、
足元を見つめて無心に歩んでいけば、驚くほどの
高みにたどり着ける。

旅は人生の縮図で、いつも大切なことを教えてくれます。

日本最高の風景に乾杯!

a0032888_231672.jpg

a0032888_2444479.jpg

a0032888_2282830.jpg
a0032888_2283987.jpg
a0032888_2284810.jpg

[PR]
by yuheihosono | 2007-08-20 02:37 | 日本最良の風景達

阿波踊りの聖地で思った事

2007年8月15日 徳島 阿波踊り 最終日

今年も徳島阿波踊りに参加しました。
2003年の初参加以来、5年で4度目の参加。
そして、マイクロソフトを辞めてから始めての参加。

自分が今所属する高円寺の飛鳥連は、
徳島で最も有名な娯茶平連の姉妹連であるため
今年も4日間の阿波踊りの最後を締めくくる
娯茶平の踊りを観客席から見た。

もう何度も見たはずなのに、涙が出そうなほど感動した。

彼らが演舞場に入ってくるだけで、それまで2時間近く
いくつもの演技を見ていた観客の空気が変わる。

初めて阿波踊りを見るものすら直感的に理解する。
彼らは別格だ、と。

演舞場を多い尽くす圧倒的な数の鼓笛隊。
a0032888_101032.jpg


小学校低学年にして玄人をうならせる
技量を身に着けた天才少年。
a0032888_1004963.jpg


先頭から最後尾にいたるまで整然とした極めて質の高い踊り子達。
a0032888_1011246.jpg


数万・数十万回の反復練習が可能とする技量の極み。
見るものを感動させる踊りとはこういうことをさす。

今年は僕はあの中で踊るレベルに無いということで、
まだ踊ることを許されなかったんだけれど、
その意味が改めてよく分かりました。

もう一年、あの高みを目指してがんばってみようと思います。
[PR]
by yuheihosono | 2007-08-16 10:01 | 日本最良の風景達

モダンアートの聖地、直島のカンタンな感想

今日、芸術の島といわれ、7-8年前にアメリカの旅行雑誌に

世界で訪れる場所ベスト10にランクインした

瀬戸内海の島、直島に行ってきました。

京都旅行の総括が終わっていないし、写真の編集も

終わっていないし、何より明日は徳島の阿波踊りなので!!

簡単に感想だけ。

ちょっとお盆前は人が多すぎて、本当の意味で直島のもつ

風情や現代芸術が表現しようとしていた、既成の空間概念を

混乱させようとする仕組みが、うまくインパクトとして自分に

つたわりきらなかったです。

あまりに抽象的なので、一言だけ加えると、直島のモダンアート

達は、広大な空間にボールを置いたり、全くブルーの空間で

境界線が感じられないような部屋を作り出して、人間の

既成概念を打ち壊しにかかるのですが(まあ、それが、アートってやつでしょうか)

その壊しにかかる、作品との出会いの瞬間に、

イモ洗いみたいに人間がいるせいで、なんか現実感が

全然こわれないのです。

へー、So What?で終わっちゃいます。

でも、いいところもあって、ここは、人が半端無くいい。

常に人が殺到しているはずなのに、父島並みに人間の交流が暖かい。

すばらしい。

よき人ありて、良き旅は完成するもんです。

では、明日は、阿波踊りの聖地、徳島で阿波踊りです。

映画、眉山のせいで、例年以上に盛りあがっているようです。

上達すればするほど、その奥深さというか、怖さが分かってきました。

徳島の人たちの目の肥え方は半端無いので、踊るのが正直怖いです。

がんばります。
[PR]
by yuheihosono | 2007-08-15 01:02 | 日本最良の風景達

瀬をはやみ

岩にせかるる滝川のわれても末に逢はむとぞ思ふ
[PR]
by yuheihosono | 2007-08-13 02:26 | 日常

メモ:日本最高(世界最高?)の花火大会とはどれか

土曜日に東京湾花火大会を見ることになったので、
ついでに日本最高の花火大会とは何かを
チェックしてみた。

実際に見てみた感動の大きさで、これがベスト!って
いうのが本筋なんだろうけど、まあとりあえずデジタル化できる、
部分で3つの軸で分けてみてみました。

①使用される花火の数
②使用される最大の花火のサイズ
③大会の権威(日本三大花火大会)

①使用される花火の数
 教祖祭PL花火芸術(大阪8月1日):
  使用弾数10万~12万!第二位の諏訪花火大会4万発の3倍!?

②使用される最大の花火のサイズ
 片貝まつり(新潟:9月9日・10日): 日本唯一の4尺玉

③大会の権威(日本三大花火大会)
 特に秋田と茨城は花火師たちの全国大会なので、
 全部が勝負玉の非常にQualityが高い花火大会達

 (1)長岡花火大会(新潟県8月2日・3日)
 (2)土浦全国花火競技大会(茨城県10月第一土曜日)
 (3)全国花火競技大会(秋田県8月最終土曜日)

あと、個人的にすばらしいと聞いているのは、諏訪の花火大会。
湖の上で行うものとしては日本最大で、周囲の山に爆音が響いて
すごい迫力らしい。

上記では、まだ土浦花火大会しか見ていないので、こりゃ
4-5年かけてしらみつぶしですな。

夏は阿波踊りもあるし、いそがしかー。(←仕事しろよ)
[PR]
by yuheihosono | 2007-08-08 23:52 | 旅行(これから行きたいところ)

京都旅行Day1

2007年8月4日 日本 京都

いやぁ、京都です。
友達の家に転がり込んでます。

朝の9時ぐらいにはついていたらとおもったら、ずるずるずる
と出発が遅れ何故かついた頃には午後の2時でした。

京都のお寺って、終わるの早いんですね。
大体4時半から5時にはしまります。

三十三間堂と清水寺を見たらもう4時をまわっていて、
金閣寺に行く時間なし。

あえなく、知恩院で我慢?しようと
思っていたら、知恩院は4時閉門!というオチがついてました。

むぅぅぅぅ。

でも、三十三間堂は個人的にあたりでした。
ここは千体の千手観音様がずらーっと120メートルに
ならんでいるのですが、ここは僕は見たことが
あったので別にそれほど感動はしませんでした。

むしろびびったのは、この三十三間堂の120メートルの
廊下を使った弓技大会のエピソードにはびびりました。

なんと、その昔、この三十三間堂の超長い廊下を利用し
端っこから弓を射て、120メートル先の的に当てる弓技
大会をひらいたとのこと。 すげぇ罰当たりですね。
a0032888_2221397.jpg


実際いけば分かりますが、120メートル先って、
はっきりって点みたいに見えます。
東京の小学校なら文字通り校庭の端から端ぐらい
あるはずです。

ましてや、3メートルほどしかない天井に当たらないように
一直線に発射しなきゃいけないので、物理的にそのようなことが
可能なのか本当に首を傾げたくなるようなエピソードです。

でも、昔の人は、今のワールドカップ並みにこの弓技大会に、
熱中したらしく、狂気の24時間耐久弓技大会を実施し、24時間で12000回
の射的を行い、なんと8000回以上120メートル先の的に当てた
とのこと。

一分間に8.3発平均で弓を得ないとこの回数に到達しないので、
8秒に一回ぶっ放して命中率70パーセント強???

飯は?トイレは?休憩は?

あらゆる意味で人間の限界を超えていますね。

仏法の奇跡を感じるために、あえて江戸の人は寺院で
無謀なイベントを開いたのでしょうか?

すごすぎです。
古人の偉大さに合掌。。。なーむー。


<PS>
これ、三十三間堂のお守りを宣伝する外国語立て看板。
Are you happy?って、、
なんか違うけど、すげぇ力強いですね。

a0032888_217636.jpg

[PR]
by yuheihosono | 2007-08-05 02:22 | 日本最良の風景達

京都旅行準備メモ

明日から京都に行くのでWebで収集した情報メモ。
でも、座禅したかったのに、、、ほとんど予約ないとだめ。
唯一写真に心惹かれた、苔寺も実は一週間前に予約必要。。。
このままだと、金閣寺・竜安寺・清水寺の修学旅行コースか?
調べた意味無いじゃん(笑)


Mustな寺院
金閣寺:いわずと知れた。
竜安寺:枯れ山水
知恩院:門が日本で一番でかい
清水寺:べたですが。。。
将軍塚:京都夜景ばつぐん
苔寺:一週間前に予約必要

座禅
比叡山:根本中堂(べすとだが交通の便が悪い)
大徳寺:セカンドベスト(交通の便良し。寺院でかくていいらしい。。が、、、8月休み!!)
東本願寺:座禅体験(無料:境内でかい。禅寺ではないのが難か?)
天龍寺:座禅体験(有名だが毎週第2日曜日 9時から10時のみ!!!)

写経
大覚寺:

飯系
哲学の道:きさき(湯豆腐)
黄檗山の万福寺というところは、座禅もできるし、普茶料理がめちゃめちゃ美味しい
東山の四条通祇園『辻利』!!抹茶パフェが激ウマ」
[PR]
by yuheihosono | 2007-08-04 02:06 | 旅行(これから行きたいところ)

どんだけすごいんだよ。。。中国の河逆流。。。

率直に言って、中国の中に、世界に誇る自然の
景観ってちょっと思いつかなかった。

でも、今日中国の河の逆流で行方不明11名
と会ったんでちょっと調べてみた。

。。。。。これは、すごい。
世界の激流トップ2といってもいい、ビクトリアフォールズと
イグアスも見たけど、、、これはちょっと別格かも。。。
(水量というより、観光客の危険度が。。。)

a0032888_2055573.jpg

a0032888_2054042.jpg

a0032888_2052495.jpg

めっちゃ見てみたい。。。
場所は中国の景勝地として名高い杭州で、陰暦の8月すなわち、
今年なら9月末が見ごろ。。。

でも、中国政府、もうちょっと観光客を守ろうよ。(笑)
[PR]
by yuheihosono | 2007-08-03 20:07 | 旅行(これから行きたいところ)