excitemusic

2006年2月から4月で南極・南米を周りました。7大陸訪問達成!連絡先は以下でお願いします yuheihosono@hotmail.com
by yuheihosono
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
検索
タグ
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

コラボレーション

いやぁ、やっと見つけました。

この3ヶ月間ずーーーーーっと探し続けていた

仕事の相談相手。

この3ヶ月間楽天にお店を出して特に苦労している点は、

2つあって、一つはWebデザインの技術的な問題で

もう一つは魅力的な商品を発見し、それを説明する事でした。

Webのデザインのほうは幸いにもMixiで知り合った

人がプロのWebデザイナーだったので、その人の

全面的なサポートを受けて何とか乗り越えてきたのだけれど、

もう一つの魅力的な商品を発掘し、それがどう魅力を持っている

のかをお客さんに伝えるという問題が、開店以来の

最大の懸念事項でした。

いや、僕の親がそもそもプロの宝石商じゃないかと

つっこむと思うんだけれど、でもね、店頭で宝石を販売する

こととネットで宝石を販売するということは、全く違う作法なのです。

例えば真珠のネックレスならば、店頭ならまず商品を手にとって

見てもらった段階で大きさ・サイズ・輝きといった商品の魅力はもう

ほとんど伝わってしまうので、お客さんに商品を見せて

興味をもってもらえば、あとは

「奥様とってもお似合いですわよ」

という日本語をしっていれば、大体ものは売れるのです。

でも、ネットではサイズや質感を伝えるには、写真の採り方

画面構成、モデルのポージングにいたるまで、その商品の

本当の魅力を完璧に理解し、なおかつターゲットとなるカスタマーに

どういう言葉だったら刺さるかを知り尽くしていなければ

「売れるページ」というものは作れません。

いわば、その商品の魅力を感じとる右脳的センスと、

その魅力を言語化してロジカルに理解し伝える左脳的センスの

同居がWebビジネスには求められるのです。(古くは出版も同じかな)

ので、そういうビジネスパートナーをこの3ヶ月間友人伝いに探し、

そしてようやく回答にたどり着きました。

かつて宝飾業界に在籍していて、自作のジュエリー制作までやる

本格派でありながら、女性が感じるジュエリーの魅力を

男にもロジカルに説明できるという貴重すぎる人材を発見!

商品選定と店舗ブランディングをちょこちょこっと手伝って

もらうことになりました。

とりあえず、DomaniとStoryを買って勉強しろ!

という指令をもらったので、明日の発売日に買いに

行こうと思います。(めっちゃ恥かしいんですけど。。。)

弟子に準備が出来たとき師現る、ってよくいいますが、

確かにピンチの度に、その道のプロが出てきて

助けてもらってます。

先が見えないような難しい問題でも、やっぱりやりながら

回答を探せば、道は見つかるもんなのかもしれません。

人生ってやつはうまくできてるもんです、はい。
[PR]
by yuheihosono | 2007-07-31 23:45 | 仕事

7/28(土)神楽坂阿波踊り出演します

今年の初出演になりますが、
東京神楽坂の阿波踊りに今週末土曜日に出演します。

東京での夏の阿波踊りの開幕を告げる
のがこの神楽坂の阿波踊りで、ここから8月末の高円寺までの
阿波踊り漬けな一ヶ月間がスタートします。
http://www.syoutengai-web.net/kagura/maturi14.htm

踊る連は飛鳥連、7時からのスタートで、9時まで
何週か会場を回るので、もしお時間がある方は見に来て見てください。

阿波踊りは、大体うまいひとが先頭に立ちます。
ので、私は後ろのほうです。(笑)
だって、みんな踊り歴10年はざらで、先頭は20年とかでっせ。
まだまだ小学生にも負けちゃう自分ですが、よければ見に来てくださいまし。

ゆうへい
[PR]
by yuheihosono | 2007-07-23 17:35 | 阿波踊り

久しぶりにコーチングをやってもらおうかなと

最近、ちょっと目の前の忙しさにかまけて、
自分がどこに向かっているのかちょっとロスト気味です。

ので、取っておきの自分復活儀式をやろうかなと思ってます。

それは、コーチングを受けること。

この7-8年ですっかり日本で市民権を得てしまった
この言葉ですが、コーチングとは要するに
自分である目標を設定し、それを達成するにはどうしたらいいのか
ということをプロである聞き手に徹底的に質問役になって
もらい、自分自身の中からその回答を見つけ出そうというものです。

実は、僕は5年前から断続的に友人であるプロの
コーチについてもらっていて、転職を含めた人生の重要な
判断をする時には、いつもコーチングをしてもらっています。

具体的にどんなことをするのかというと、

「あなたの人生で今最も成し遂げたいことは何か?」
「それを達成するのに障害になっていることをあげると何か?」
「それが成し遂げられると、どのように幸福な気持ちになるのか?」
「今それを達成するために、5年・3年・1年・半年のスパンで
成し遂げなければならないことは何か?」

などというヘビーな質問を嵐のようにぶつけられて、
自分が目指すべき方向やそれへの優先順位などをと
つけていきます。

でも、そもそも自分の目指したい人生は何か?という
問いのように、瞬間的に回答が出しにくい質問も多いわけで、
そういう問題に対しては、これまでの幸せに感じたことや、
人生経験に関する色々な質問から、回答へのアプローチを
図ります。

ちょっと話がわき道にそれましたが、
要するにコーチングとは、人生の価値観という自分自身の中から
しか回答が出ないけれど、自分だけで回答を考えると
煮詰まってしまような時の特効薬みたいなもんです。

まっさらな紙の上に、自分がやりたいことをがーっと書き出していく
瞬間は、自分の人生を絡め取っていた枠が壊れていく
瞬間を見るようで本当に楽しいです。

自分メインテナンス、相当にオススメです。
[PR]
by yuheihosono | 2007-07-23 03:13 | 仕事

首脳会談

a0032888_16295310.jpg

ミーハーですみませぬ。
[PR]
by yuheihosono | 2007-07-19 16:29 | 仕事

阿波踊りDE腰痛

夏ですね。

本当は春から仕込まなきゃいけないのに、
7月から練習は無謀でした。

阿波踊りって、空気椅子の姿勢のまま両手を
あげて前傾姿勢で踊るので、腰とひざにめちゃくちゃ
負担がかかります。

で、あえなくYO2、じゃ無くて腰痛です。

でも、見返りも大です。

めちゃくちゃやせます。

阿波踊りの単位時間当たりの消費カロリーって、
ボクシングと同じなんです。

ので、踊り終わった後、おなかの周りの「浮き輪」が
目に見えてしぼんでます。(笑)

来年の東京マラソンまで、いい仕込になりそうです。
(そうそう、東京マラソンに無謀にもエントリーしました。)
[PR]
by yuheihosono | 2007-07-18 01:15 | 日常

日本のラピュタ

会社時代の友人(一応先輩か)が、長崎に行くといってきた。

なぜ長崎?彼女いないのに夜景?

とか思っていたら、僕の想像をはるかに上回る一品を

用意していた。

それは「長崎の軍艦島」である。

単語を耳にしたことはあったけれど、ちょっと調べてみたら、

これはマジで行く価値がある日本の宝だということが分かった。

それは、膨大なる鉄筋コンクリート郡の存在感がすばらしい

世界屈指の「失われた都市」ということだけではない。

むしろ、ここは、戦中や戦後の都市の残り香を最も色濃く残す、

日本人にとっての思い出の地なのである。

----------------------------------------------------------------------------

良質の石炭が算出するこの軍艦島は、

戦前から戦後を通して一時期は東京都区部の人口密度を上回るぐらい

人がひしめき合い生活をした場だった。

しかし、国のエネルギー政策の転換により石炭が不採算になると

一気に島は衰え、74年には閉山となり、無人島となったらしい。

でも、そのおかげで、この島には日本ではもはや

見ることが少なくなった、戦前から戦後にかけて作られた

膨大な数の鉄筋の建築物がひしめきあっている。

学術的にもきわめて貴重な遺構が多く、

日本初の高層鉄筋建築アパート(大正時代!!)や

物資不足の戦争中に日本で唯一作られた鉄筋コンクリートのマンション

があるだけでなく、水の問題を打開した日本初の海底水道、

そして植物の少なさを打開した日本初の屋上庭園など、

現代にまで至る都市化と環境問題の縮図を日本どころか

世界に先駆けて経験してき稀有な都市であり、

その都市の遺構がそっくりそのままの形で残っているのである。

--------------------------------------------------------------


この島の写真達を見た時、上記の学問上のウンチクはともかく、

2つの正反対の思いを抱いた。

一つは、戦前の日本の建築というものがここまで重厚で現代にすら

通用するようなものを生み出せたのかという技術力への驚き。

でも、その一方では、日本が戦後の急速な変化の

中で捨てていってしまったものへの郷愁を思ってしまった。

我々が近代化の中で失ったものといわれると、

田畑と一体化した農耕の生活や木造の建築物に思いを馳せるけれど、

実は今現在最も急速に失われているのは、

この無骨な鉄筋コンクリートですごした、「昭和」の生活だと思う。

残骸の中に残された三輪車とか鉄筋部屋に残された畳の部屋とか、

廃墟に打ち捨てられた生活の残り香を見ると、

僕らの祖父や父親が生き抜いてきた戦前や

戦後の時代の懐かしい匂いが立ち込めている。

ここを訪れれば、彼らの見た視線を自分も共有させてもらえるのでは

ないかという、甘く切ない思いを抱いてしまう。

それとともに、打ち捨てられたコンクリの廃墟を見ていると、

天空の城ラピュタの中で、シータが

「人は土から離れては生きられないのよ」

といった言葉が思い返されて仕方が無い。

現在のところ、建物の崩壊の危険性が高いため上陸禁止とのことだけど、

今年か来年には、一部限定での上陸が認められるとのこと。

うーーーん、それは絶対行きたい!

と思った次第でした。

<軍艦島を特集したWeb・秀逸!!!>
http://www.gunkanjima-odyssey.com/GS11-01.htm
(写真勝手に転載してしまいました。。。ごめんなさい。。。)

a0032888_1373592.jpg


a0032888_138039.jpg


a0032888_1965581.jpg



PS:世界はマジで狭すぎる。
軍艦島の情報を調べていたら、軍艦島に住んでいた
人の話が出てきました。
http://www.little-snow.com/hasima/nagumo.html
で、その人の話を呼んでいたら、今はボリビアのラパスで
宿の経営に携わっているとのこと。。。。
で、なんと、びっくり、そのホテル、ボリビアで僕が泊まったホテルでした。
http://yuhei.exblog.jp/3987417/(僕の日記)
http://ichiban.etizu.com/index.htm(宿の情報)
おっさん、あの時はマジでお世話になりました。(肩脱臼してたし)
南米でお味噌汁飲めて、おいしくて泣きそうになりました。ありがとう!
[PR]
by yuheihosono | 2007-07-15 02:00 | 旅行(これから行きたいところ)

これは本当に良い本!-本多静六・私の財産告白-

えっと、相当感動した本があったので紹介します。

タイトルがえげつないんですが、
-本多静六・私の財産告白-
という本です。

この筆者はちょうど大政奉還の前年に生まれ、
明治大正昭和戦中を行きぬいた人ですが、
大学教授という宮仕えの身分ながら、
日本を代表するような莫大な富を
築き上げた人物です。

で、そういう人物の財産告白というと
金持ちの自慢話という色眼鏡で見られてしまいがちですが、
この人は本当の意味でお金のもつ意味と
それを正しく世のために使うこと、そしてその上での
人生の幸せとは何かという誰もが避け得ない命題に
正面から向き合い、考え抜いた巨人だと思います。

言っていることは、本当にご老人の説教のごとく、
オーソドックスです。

曰く、出費を減らし、収入を増やせ。
一に努力二に努力、努力の中から幸せはおのずと現る。
誠実さこそ最良の武器だ。

当たり前ですが、でも当たり前のことを誰よりも粘り強く
こつこつと続けていく先に彼のような心躍る人生が待ち受けている、
そのことに僕はとても勇気をもらいました。

7つの習慣のスティーブン・コビーに並び、
日本人が書いた処世訓の中でも最良の書の一つ、
だと思います。

ぜひぜひオススメです。
[PR]
by yuheihosono | 2007-07-09 02:06 | 仕事

これが本当の企業の社会貢献だと思う

ちょっと朝日のニュースでこれは最高のCSRモデルでは?
という記事を見つけたのでシェアします。

ゴアさんのドキュメンタリー以来世界中で
環境問題が盛り上がっていて、僕の周りも、
自分の働く企業という枠組みを通して
なしうることはないかってみんな模索しています。

でも、みんな本当のところ、なにやっていいのか分からないので、
とりあえず木でも植えとくか、って言う程度で終わって
るんじゃないかと思ってます。

でも、環境問題というのは、長期的に腰をすえなければ
本当にインパクトを与えられない以上、もし企業がマジで
長期的に効果のあることをやろうとするなら、自らの本業と
リンクさせて、きっちり自分の儲かるモデルを
作らなければ、ブームとともに終わっちゃうと思うのです。

で、今日発見したのは、このビジネスモデル。
http://www.asahi.com/kansai/news/OSK200707020083.html

奈良の大和信用金庫が、大和川の水質改善と自分の金利を連動する
サービスを開始したら、みんな大和信用金庫に貯金し、そして
大和川の水質が劇的に改善したという話。

ユーザーも喜び、企業も喜び、環境にPositive Impact
という最高のビジネスモデルであり、長期に渡って高いインパクトをもたらす
理想のCSRモデル。

何より、このモデルは、世界の各地に横展開が可能であるため、
ひょっとしたら世界に巨大なインパクトをもたらすアイデアではないかと思う。

ちょっと、今時分が少しずつ関わりだしている、国連系のプロジェクトに
応用が効きそうな気がしてちょっとわくわくしています。

自分のボスとバングラデッシュとかで展開可能か、
今度話してみようと思います。

まじで、大和信用金庫、Good Jobです!
[PR]
by yuheihosono | 2007-07-02 22:21 | 仕事