excitemusic

2006年2月から4月で南極・南米を周りました。7大陸訪問達成!連絡先は以下でお願いします yuheihosono@hotmail.com
by yuheihosono
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
検索
タグ
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

誕生日会

先週土曜日に、30歳の誕生日会やりました。

前々日まで25名の参加者で予想していたのが一気に膨れ上がり、

ふたを開けてみたら36名も参加いただきました。

サポート部隊も料理製作部隊・内装準備の幹事団だけで9名と、

人生最大の誕生日会になってしまいました。

幹事団の皆さん・来ていただいた皆さん、本当にありがとうございました!

30人分のフードの用意ということで、

ホスト役のさえちゃん総指揮の下、料理の鉄人のヒロコ・ミッチー

に途中から本物のプロのシェフも加わり、レストランの厨房?

を連想させる状態に。

a0032888_383091.jpg


この10年間の旅の写真を皆に見てもらうというのが趣旨だったので、

これまでに旅行した世界7大陸の写真・150枚を家中のいたるところに

ちりばめて展示しました。

a0032888_39514.jpg


勢いあまって家の外にまで展示してたら、道行く近所の人たちに質問攻めに

合い、思わぬ即席ギャラリーが北爪家門前で繰り広げられることに(笑)


今回は、できるだけ異業種の人たちの出会いの場を

プロデュースしたかったので、自分の周りに多いいわゆる大企業で

働く人たちだけでなく、ベンチャーの経営者からプロの写真家・歌手・旅行家・

歯医者様など全く違うバックグラウンドの人たちを多数お呼びしてみました。

うまくいくかなぁと、結構心配していたのですが、

新しい出会いがあって楽しめた!というフィードバックをもらえたのが、

本当にうれしかったです。

友人たちもちょうど30歳前後にあたり、人生の岐路に立つ時期なので、

今日の出会いが、皆の人生の岐路により多くの選択が広がる

きっかけになればいいなと思います。

ほんと、幹事の皆さん、来てくれたみんな、

アメリカからメッセージをおくってくれた和美、

ありがとうございました!
[PR]
by yuheihosono | 2006-10-31 03:11 | 日常

ターニングポイント

仕事探し日記となっている割に、最近の自分の活動を

見ていると、仕事探しというテーマの割には起業の方向に

動きがシフトしている気がする。

自分の関心のあるテーマから、仕事探しをするとどうにも

割が合わないことが多すぎる。

環境問題か観光業

という切り口で、自分の取りうるオプションと

会社で働くという切り口で考えてみたけれど、

どうにも自分の心にしっくりこない。

ぶっちゃけでいえば、給料が安い&スキルの向上による

将来の発展性がみえない。

そして、何より、もうボスを持つような生活に興味がわかない。

だったら、勝負しとく?っていう気になりつつある。

でも、How?が見つからずに苦しんでいた。

で、昨日まで考えていたのが、

アフリカのマイナーな国の大使館のWebサイトの観光業ページを

プロデュースして、アフリカ専門の観光プロデューサーとして生きていく。

という作戦だった。

これはこれで面白いし、Webプロデューサーの友人と話して

ある程度実現性があるというのは、分かった。

でも、今日、僕らの世代の起業支援のカリスマ、藤沢烈さんと話して、

自分の発想の貧困さと、烈さんのビジョンの大きさと緻密さにうならされた。

市場が膨らむまでにまだ10年はかかると思っていたビジネスが、

実はあと2-3年後には明らかにブレークしそうな状況にあり、

その時に自分がそのビジネスのエキスパートになるためにどう行動すべき

かということを、詳細な戦術つきで教授してもらった。

自宅でそのビジネスについて軽くリサーチをしてみたら、

確かに、とんでもない可能性を秘めたビジネスチャンスが

広がっていると思えた。

2年ほど貧乏すると、腹をくくれば、とんでもなく面白いことになるかもしれない。

まあ、人生が簡単にいかないことぐらい分かる年頃だけど、

でも、会社にいたらこんなわくわくする話は絶対になかっただろうな。

やはり、人生は叩かなければ響かない、というのは真実だ。
[PR]
by yuheihosono | 2006-10-26 02:01 | お仕事探し日記

30歳!

いやー、30歳になりました。

メッセージの数々ありがとうございました。皆さんが30歳になるときは、

必ずメッセージ送りますので楽しみにしていてください!

でも、30歳前後の生活は、ネタかよ!というようなことばかり発生。

まず、30歳になるカウントダウンは、大学時代の留学生の

友人に祝ってもらうはずだったのに、「疲れたから、また今度」

という連絡が入る。

いや、30歳は二度はなれないんだよ、ととても困惑しつつ、

泣きながら(誇張)カウントダウンのための友人達集め。

でも、さすがに平日8時からじゃ、誰の携帯にもつながらない。

ロンリーナイトを覚悟したとき、大学時代の友人知代をゲット。

結婚間近の友人を捕まえて祝ってもらう自分もどうかと思ったが、

20代の最後の夜には、自分の20代のすべてを知っている人間と

すごすのは悪くない。12時までこの10年間の恋愛反省会をしつつ、

これからの30代の明るい家族計画についてディスカッション。

大変、有意義な夜でした。

誕生日は、30年前に買ったワインを買って実家に帰ったのだが、

見事なまでに親は俺の誕生日を忘れていた。

夕方の5時ぐらいに念のため、今日帰るからといったのだが、

どうしたの?何か相談でもあるの?

と言われた時点でやな予感はしていた。

でも、しらばっくれて、盛大な誕生日会が待ってるかと思いきや、

開口一番、「今日は何か用事が合って帰ってきたの?」

と言われる始末。

ということで、ごく普通の誕生ケーキなしの夕飯を楽しみつつ、

ボルドーで買ってきたワインをあける。

2本3000円と劇安だったので、まずいことは100も承知だったが、

色・匂い・テイストのすべての側面で、危険に満ちたワインだった。

3人合わせても、おちょこ一杯分も飲めなかった、

人生で初めて体験する究極のワイン。



端から見れば悲惨極まりない誕生日だけど、

思い出に残るかといわれれば、俺も親もこの日を、

このワインを一生忘れないだろう。(笑)

そういう意味では、なかなか良い誕生日でした。
[PR]
by yuheihosono | 2006-10-21 16:45 | 日常

24時間

あと、24時間弱で30歳。

以前は、30になるときは、何か特別なことをしようと考えていた。

アメリカ-カナダ国境沿いで、世界で一番美しい、

紅葉の風景に包まれながら30を迎えようかな、と真剣に考えた。

でも、考え直した。

最後の一日は、えらく世話になったお祖母ちゃんのお墓参りに行くことにした。

で、誕生日には、フランスで買ってきた30年前のワインを親と飲もうかと思う。

帰る家と待つ人があるという心の平安があってこそ、

世界の辺境への好奇心が生まれ、限りない感動に浸れたと思う。

だから、この記念すべき日は、最も大切で根本となるものにささげようと思う。

日本では、30年も生きてしまったという人がとても多いけれど、

世界では30年生きられるということは、決して当たり前じゃないんだよ。

これまで無事に生きて来れたことに、

自分の成長をささえてくれた人々に、

そして自分が出会ってきた美しい7つの大陸と海と生き物達に、

心から乾杯したいな。

Cheers!
[PR]
by yuheihosono | 2006-10-17 01:36 | 日常

誕生日会開催 10月28日(土) 14:00-18:00

どうもです!

10月18日に生誕30周年を迎えるので、
実際の誕生日よりやや遅れて、誕生日会をやります。
例年のごとく、自作自演で、
自分の誕生日のホストをやらせていただきます!

当日は、これまでの旅写真2万枚の中から精選した写真を使って、
世界旅行ガイドなどをしたいなと思ってます。

かなり、面白い友人達が集まってくれそうなので、
もし時間があえばぜひご参加ください。

人数読みが必要になるため、締め切りを10月20日(金)
に設定させていただきます。
よろしくですー。

細野裕平

日時:
10月28日(土)14:00~18:00

費用:
食事代実費2000円前後ぐらい。
冷蔵庫の機能に限界があるので、駆けつけ3杯用のお酒は
手持ちで持ってきてもらえると助かります。

住所:
東京都新宿区中井2-29-9 
http://map.yahoo.co.jp/pl?lat=35%2F42%2F49.194&lon=139%2F41%2F0.146&layer=1&ac=
13104&p=%BF%B7%BD%C9%B6%E8%C3%E6%B0%E62-29-9&mode=map&size=s&sc=3

交通:
JR東中野からタクシーで5分。初乗り料金でOK。お勧めです。
西武新宿線・都営大江戸中井から徒歩10分。


<タクシーの場合>
徒歩の道はやや複雑なので、タクシーが一番お勧めです。
徒歩の最寄ではありませんが、JR東中野駅からならタクシーが捕まえられます。
1:JR東中野駅から目白学園の正門を目指す。
2:目白大学の正門から、壁を右手側に目白学園の学校の壁を見ながら、100メートル直進。
3:左手に「北爪」の看板がある家です。

<徒歩の場合1>西武新宿線中井駅から。徒歩で約10分。
1:改札口を出たら右折
2:曲がってすぐの金物屋さんの角を右折
3:川を左手に見ながらしばらく直進
4:不動産屋さんの角を右折し、踏切を渡ったところで左折
5:西武線の線路沿いに直進し、つきあたりを右折
6:そのままサンクス向かいの坂(五の坂)を上る
7:上りきったらしばらく直進し、正面に駐車場が出てくるのでそこを左折
8:100メートルほど直進すると正門に着く 
9:目白大学の正門から、壁を右手側に目白学園の学校の壁を見ながら、100メートル直進。
10:左手に「北爪」の看板がある家です。

西武新宿線中井駅から、目白大学正門までのマップ
http://www.mejiro.ac.jp/map/nakai_s.html

<徒歩の場合2>都営大江戸線中井駅から。徒歩で約10分。
1:A2出口から外に出たら左折
2:サンメリーというパン屋を過ぎ、橋を渡ったらすぐ左折
3:川を左手に見ながらしばらく直進
4:不動産屋さんの角を右折し、踏切を渡ったところで左折
5:西武線の線路沿いに直進し、つきあたりを右折
6:そのままサンクス向かいの坂(五の坂)を上る
7:上りきったらしばらく直進し、正面に駐車場が出てくるのでそこを左折
8:100メートルほど直進すると目白大学正門
9:目白大学の正門から、壁を右手側に目白学園の学校の壁を見ながら、100メートル直進。
10:左手に「北爪」の看板がある家です。

都営大江戸線中井駅から、目白大学正門までのマップ
http://www.mejiro.ac.jp/map/nakai_o.html
[PR]
by yuheihosono | 2006-10-16 16:44 | 日常

仕事探し日記3

恥ずかしながら、日本を代表する写真家、土門拳の

写真を初めて見た。

著名な写真家達の記事や、作品を読むと、みな口をそろえて

土門拳、土門拳、と言うので、初めて土門拳の

作品を彼の記念財団のホームページを訪問した。

写真以上に、彼の紡ぎだす文章に強く惹かれた。

彼が写真を通して社会や人生に何を見出そうとしていたのかが、

贅肉を徹底的にそぎ落とした文章に凝縮されていた。

感動をもたらすものは、写真であれ文章であれ、物事の本質のみをごく

簡潔に描き取る。

今年のノーベル平和賞を受賞した、ムハマド・ユヌスが

「世界の貧困を1/3減らすことが私の目標です。」

といっているインタビューを見たことがある。

人に感動を与える人生もまた、簡潔で凝縮された価値観に支えられている。

僕も、泥にまみれながら、いつかその境地に立つべく、邁進していきたい。

<土門拳ウェブサイト>
http://www.domonken-kinenkan.jp/
[PR]
by yuheihosono | 2006-10-16 01:06 | お仕事探し日記

仕事探し日記2


友人のまゆかから、とてもいいコメントをいただいたので転記します。

そうそう、自由からの逃走、よくわかるわー。
ほんと、つらいよね。でもその苦しさの中から初めて見えてくることがあるし、
そうやって動き始めようと思っている時点で、
ゆーへいの中に何かクリアな芯みたいなものが
出来始めている証拠だと思います。

なんか矛盾しているかもしれないけれど、
パッションを持てるもの=仕事すべて、である必要もないと思うのね。
そう思っちゃうと余計つらくなることもあるような気もするし。
仕事の一部でも、プライベートの時間の中でも、
ちょっとした人との関係の中でも、なんであれ、
これが大切なんだって確信できるものがあれば、
それがちゃんと生きる力になるんだって、今は思います。

だからね、次やる仕事がもう自分の心に響きまくって!
みたいな仕事じゃいけない、と思って自分を追い込めることはないと思うの。
もちろんそうなれば万々歳だけど、そうじゃなくても、
どこかに自分の心からの納得感があれば(頭の納得感はだめです)、
それでいいんだと思うのです。

うまく伝わればいいんだけど...ともかくゆーへいのこと応援しています。


つまり、まゆかがいっていることは、
仕事に情熱を持って生きることは大切だけれど、
壮大な事業へ身を投ずることだけが、
人生を生きる活力を与えてくれることではないということです。
周りの人との温かい人間関係を築くこととか、
趣味の世界に費やす時間とか、そういうものすべてから
人生はエネルギーをもらえるものだから、
壮大な夢と直ちにつながらなければ仕事でないと考えずに、
トライ&エラーで試してみなさいということなのだと思います。

実際、そのとおりだと思います。
壮大な夢をぶち上げて、そこに向かうまでのプランを作ることは
頭の中ではできるのだけど、所詮机上の空論に終わることが多いんだよね。

壮大なプラン作りに没頭して立ち止まるよりは、直感を信じて、
自分がとりあえず納得のいくことを次々と試行錯誤することのほうが
結果として、大きな成果を成し遂げたりするんだよね。

実際、マイクロソフト時代に読んだ、シリコンバレーの起業に関する
論文とかでも、立派な事業計画書を作る会社よりも、試行錯誤しながら
取り組んだ会社が最後に生き残るという、研究成果が出ていたように思います。

大まかに、自分はどうなりたくて、何のために今の仕事をしているのか
を考えるのは大切だけど、立派な計画の立案とかにとらわれず、
ラフな方向性を示しながら、色々な人からアドバイスをもらって、
次のステップを踏み出してみたいなと思います。

僕の前の文章は、仕事原理主義みたいに、肩に力はいってたね。
まゆか、ナイスパス!
[PR]
by yuheihosono | 2006-10-13 01:26 | お仕事探し日記

仕事探し日記①

世界旅行も終えたことだし、仕事探しに動き始めている。

せっかくなので、記録に残してみようかなと思う。


仕事探しというのは、自分の過去の体験を掘り起こしながら、

自分自身が生涯、情熱をかけるに値するものを探し求める作業である。



でも、自由に生きたいという思いは万人に共通だと思うが、

実際フリーハンドで人生を描く段階になると、

とりうる選択肢の多さそのものに苦しむのは、実に不思議である。


今の自分にとりうる選択肢は実に多様である。

世界旅行家にもなれるだろうし、写真家にもなれるだろうし、

親の事業をつぐこともできるし、

海外留学だってまだできるだろうし、やっぱり間違えましたといって

超一流企業にもどるという選択肢だってある。


でも、これは、どんな人にだって言えることである。

人間、本当にやる気さえあれば、時間をかければほぼ何にだってなれる。



どの選択肢をとるにせよ、大切なことは、

人生で何を成し遂げたいのかを、じっくり見据えた上での選択を

することだと思っている。


20代の時の自分はやはり甘えていたかなと思う。

それなりに悩んで仕事は決めたはずだけれど、究極的に言えば、

安全で大きな企業に入って社会勉強をして、人生で何を成し遂げるかは

それから決めましょう、と考えていた。


もう、それは、やめようと思う。


自分がやっていることは、長期的に考えてどういう意味があるのか。

この問いに答えられるかどうかが、仕事で本当につらい修羅場に

たたされた時に、自分を支えてくれる力になるのだと思う。


僕は、これが無かったために、仕事でつぶれたからよく分かる。(笑)



自分が心の底から成し遂げたいと思った時にのみ、

人間には困難に耐える、途方も無い力が生まれる。

僕は、自分が心から大好きな旅行を通して、もう一度その事を思い出した。


だから、今度の仕事探しは、ちゃんと自分の人生を掘り起こして、

心の深い部分にある価値観にそったものにしようと思う。


アメリカの大企業で上級副社長を務める方に人生の相談役になって

もらっているのだけれど、その方に、仕事探しをはじめますと書いたら、

次のようなメールが来た。

As regards your decision on career,
my only advice is that one usually has a more
rewarding and happier life when pursuing something
in which they have a passion.
(キャリアに関する私からの唯一のアドバイスは、
情熱をもってとりくめる仕事をすることが幸せな生活に行きつく道なのだよ)

人生の先輩も、同じことを考えていてくれた。

そのことがとてもうれしかった。

今度は、逃げずに、情熱のありかを探し出してみようと思います。
[PR]
by yuheihosono | 2006-10-12 03:09 | お仕事探し日記

つくば

つくばに行ってきました。

本当は日本屈指の花火大会、土浦の花火競技会を見に行こうと

したのですが、前日の豪雨のため、打ち上げ場が水没。

とっても残念だったのだけど、相変わらず、筑波山の風景は絶景。

曇りなので写真的にはいまいちだけど、でも、ここの風景は

世界の絶景たちに引けをとらないと思う。

a0032888_1211265.jpg

a0032888_1171496.jpg


結局、僕の知っていた、おいひいお蕎麦屋さんと、つくばで絶賛されている

お菓子屋さんをめぐるグルメツアーに変更。

もうみんな食いすぎで動けなくなる。

a0032888_1233984.jpg


(やや、誇張してます。悪しからず)

締めは、つくば山近くの温泉に。

いや、花火が見れなかった分、自分の知っているつくばベストコースを

紹介できたから、これはこれでよかったのかな。

東京からわずか70分で、これだけ大自然に恵まれていて、

なにより渋滞しないつくばって、やっぱり僕にとって隠し玉的存在。

本当にすばらしいところです。おすすめ!
[PR]
by yuheihosono | 2006-10-11 01:25 | 日本最良の風景達

ラジオ出演してきました。

ラジオ出演してきましたよー。

期待されていた恋愛話は、、、音楽が流れている裏側でもりあがって

ハリスさんともりあがってました。(期待されていた方申し訳ない!)

にしても、ラジオ番組って、本当にアドリブ。
現場について質問予定表を渡されたのだけれど、
ハリスさんはそれすら全く見ず、アドリブでのインタビュー。

次に何を聞かれるか分からないから、もう開き直って
話すしかない。

何万といるであろうリスナーのことも忘れて、
普通に一人のハリスさんとの会話を楽しませていただきました。

この番組、実は結構有名な方が連発して出ていて、
僕の数日前には、今書店で一番売れている本の
「日本人の海外ジョーク集」の著者の方とか出ていたし、
僕の翌日は、大相撲の親方。

こんな自分で、よかったのかなぁ?
でも、旅の馬鹿話としては、結構面白い話が提供できたと思うのだけど。。

で、今回のつてで、また、名古屋のラジオ番組に出ることになりそうです。
詳細はまた別途。

明日は、茨城県土浦市の花火大会に行ってきます。

これは、日本の2大花火競技大会の一つで、全国の花火師が
自分の決め球を持ってきて勝負するため、流しの花火が無いのです。

写真、がんばって撮ってきます!
[PR]
by yuheihosono | 2006-10-07 01:58 | 記事掲載・出演情報