excitemusic

2006年2月から4月で南極・南米を周りました。7大陸訪問達成!連絡先は以下でお願いします yuheihosono@hotmail.com
by yuheihosono
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
検索
タグ
(1)
(1)
(1)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2004年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

世界で最も心に残った場所トップ10<ノミネーション>

皆様、お久しぶりです。
前置き抜きで、かねてから一度まとめておきたいなと思ってたことをやりたいと思います。
それは、「世界で訪れるべき場所トップ10!」の中間発表。色々な友人に世界旅行でお勧めは、と良くきかれるのだけど断片的にしかこたえられんので、ここで一気に答えてしまえっというわけ。もちろん、それはちがう!こちらのほうが面白い!という反応はWelcomeです。
各地域に関する詳細説明は次回からで、今回はひとまずノミネーションということで!


世界で最も心に残った場所トップ10
1位中国:内蒙古自治区(草の海・地平まで続くきのこ雲。単調な風景。けど世界一の場所)
2位モザンビーク:バザルート(原始の海の美しさがここにはある)
3位ネパール:カラ・パタール(標高5545メートル。エベレストの台座)
4位ナミビア:ナミブ砂漠ソーサスフレイ(地球最大の砂丘から見る朝日)
5位ジンバブエ:ビクトリアフォールズ(世界3大滝の一つ。)
6位南アフリカ:西海岸・ナマクワランド(地平線まで続く花畑)
7位ナミビア:エトーシャ国立公園(本物のサファリをマイカーでドライブ。象にはご用心!)
8位ボツワナ:オカバンコデルタ(世界最大の内陸デルタ地帯。ジャングルでキャンプ)
9位ナミビア:フィッシュリバーキャニオン(不毛の大地、地平線がかすんで見えません。。。)
10位アメリカ:アラスカーCold Foot(マイナス35度の極限。オーロラは。。。。)

あえなく落選(ナミビア:フィッシュリバーキャニオン。イタリア:ローマ・フィレンツェ・ポンペイ、カンボジア:アンコールワット、アメリカニューイングランド、アメリカ:モニュメントバレー、オーストラリア:グレートバリアリーフ、スリランカ:トライアングル地帯、日本(別途特集しますが):八重山諸島・白川郷・黒部アルペンルート・富士山頂・高遠城址公園などなど)

コメント:次回から10位から解説加えますが、かなりの旅行好きでも、聞いたことのない名前ばかりだと思います。ですが、このどれもが見たものの心を揺さぶる風景ばかりです。では、第10位から紹介していきますんで、よろしく!
[PR]
by yuheihosono | 2004-07-31 03:32 | 旅行(これから行きたいところ)

Gree創設者についての記事

グリーの創設者の記事がのってた。結構面白いかも。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0407/30/news006.html?c
[PR]
by yuheihosono | 2004-07-30 13:27 | 日常

時間の使い方

ピータードラッカーという世界屈指のビジネスコンサルタントの本を読んだのですが、その中でまずどれだけ自分が無駄な時間の仕方をしているかを認識するために、自らの時間の使い方を調べて見ろ、と彼が主張おりました。そんで、最近ちょっと調べてみました。自分が行っていることを15分間隔ぐらいで書き出していくのですが、いわゆる日常ルーティンに9割の時間が使われ、自分自身で考えて味をつけていく仕事というのは1割ぐらい。あきまへんな。
仕事のあり方ってよく考えんと毎日緊急でやるべきことばかりで、本当に自らの成長とかより大きなビジネスへの布石ってのを打つ時間ってなくなってしまいますな。
よく考えて仕事をしていかないと。。。
(ボス、別に暇だから時間を計っていたわけではありません。実験です、実験)
[PR]
by yuheihosono | 2004-07-09 03:07 | 日常

やっぱケニアかな?

おつかれですー。
今年の夏の海外旅行どこ行きますか?自分も検討に入りました。やっぱり、ケニア・タンザニアかな?2年前会社を辞めたときに、南部アフリカ一周と比較して、断腸の思いで捨てた選択肢。ケニアのサバンナを早朝気球で飛ぶ!で象さんの群れを上から追いかける。そんで、東アフリカ屈指の海といわれるタンザニア・ザンジバルで泳ぐ。悪くないっすねーーー・
もしくは、ペルーに行って空中都市マチュピチュまで歩く南米一番人気のトレッキングツアーに行くか?どーっすかなーと思っていたが、昨日ボスのボスから、「一ヵ月半後から死ぬほど忙しくなるから注意しろよ!」といわれちまいました。すでに平均帰宅時間が12時なんですけど。。。うえ、夏季休暇でなく、退職休暇になっちゃったりして。。。(すいません、うそですよ、ボス!)
[PR]
by yuheihosono | 2004-07-08 07:51

Gumと植物物語

おつかれです。
唐突ですが、歯磨き粉を顔に塗った人はこの中にいますでしょうか?
僕はこの前塗ってみました。
自宅の洗面台の所に、縦置き方のチューブが2つ並んでいます。一つは歯磨き粉のGum(つぶ塩)、もう一つは洗顔料の植物物語です。この二つ、緑と白のストライブで、ほぼ同じ形と大きさ。洗面台の隣にある風呂場から、洗面台においてある洗顔料をいつもとろうとするのですが、ほぼ二分の一の確率で間違えます。チューブから出して、手に取ったときのほのかな塩の香りで気づくのですが、それにしてもあまりにも多くのGumが無駄に消費されていきました。先日またその過ちを繰り返したのですが、もうこれでいいや、といってGumで顔を洗ってみました。だって、歯が洗えるんだから、顔だって洗えたっていいじゃん。塩が入ってるから何か、肉が引き締まっていい感じかもしれないじゃない。
結果的に言えば、だめです。これは、やってはだめです。
眠いときに、メンソレータムをまぶたに塗りますが、これを顔中でやったかんじになります。受験生ならやってみてもいいかもしれませんが、俺は安らかな睡眠につく直前にやったので悲劇です。
人類は過去の過ちを学ぶことで進化を遂げてきました。今また、俺の先例が皆様のQuality of Life(QOL)向上に役立ってくれればと思い、眠い目をこすりながら書かせてもらいました。今日はGumで顔を洗わずに寝たいと思います。合掌。
[PR]
by yuheihosono | 2004-07-07 02:22

阿波踊り

今日は阿波踊りの練習だった。真夏の体育館の中、中はすでに蒸し風呂状態。その中で、ボクシングとおなじカロリー消費といわれる阿波踊りをする。これ、減量には最高です。1時間半後にはゆでだこです。死にました。

To 中園さん、
MSの人練習に来ないで本番でていいんですかって聞かれちゃいました。徳島の最終日、メインスタンドでお金を払ってきた観客の前で踊るずぶの初心者200人の集団。。。やばいね、幹事たちに声かけよう。
[PR]
by yuheihosono | 2004-07-04 22:59 | 日常

堀江直子ちゃん結婚式

いや、バルマーの記事に関して早速リスポンスがあってびっくりした。
バルマーに認められるぐらいの仕事をしたいということですが、
壮大な夢に見られるかもしれませんが、うちの部門の若干33ぐらいの方がすでにそれを成し遂げているのです。
富士通とマイクロソフトで戦略的な提携が日経などで大々的に報道されたのを覚えている方もいるかも知れませんが、あれはうちの部門の富士通担当の方が2年越しに仕込まれたものです。あのミーティングの後、バルマーはその営業に向けて「Such a Great Job!」と親指を立てて言ったそうです。それを聞いた僕は、言わせてみてー、と思ってしまったのです。なので、いつか言わせてみたいと思います。

さて、タイトルの結婚式ですが、今日大学の友人の櫻井直子(旧姓堀江)ちゃんの結婚式でした。すばらしい結婚式(披露宴)の条件とは、結婚する当事者と参加者とがどれだけ強い思いを共有できているかではないかと思います。今日の参加メンバーは、櫻井と直ちゃんが本当に好きな人たちの集まりであり、そして結婚式の運営者も本当に二人のことを大切に思い祝おうというのがひしひしと伝わってきました。参加者達がここまでの思いを共有できたのも、櫻井と堀江直ちゃんという類まれなほど誠実な二人の日々の人間関係の積み重ねなのだと、つくづく思いました。
直ちゃん(と櫻井)、おめでとう!末永くお幸せに。

旧堀江直子ファンクラブ会員番号2番 細野裕平
[PR]
by yuheihosono | 2004-07-04 01:09 | 日常

Blog開始

今日からBlogはじめます。びっくりしたこと・面白いこと・悩んでること等等
できるだけGreeの友人の読み手を意識して、面白いだろうなという話題をピックアップしていきます。
とりあえず、昨日考えたこと。昨日はマイクロソフトの社員総会がありまして、CEOのSteve Ballmerがオープニングのスピーカーでした。日本ではBill Gatesが死ぬほど有名な会社ですが、人間的なオーラではSteve Ballmerの方が100倍くらい上であり、社内ではSteve Ballmerへの信頼とカリスマ性はBill Gatesにおとるものではありません。何より心を打たれるのは、彼が自分の会社を心から愛し、世界をよりよくしていきたいという情熱がひしひしと伝わってくることです。世界に貢献しているかどうかの事実の見方は人によるとして、自分が今彼の10分の1でも何かを心から愛し情熱を注いでいるのかと自問したとき、息苦しくなってしまいます。。。充実した人生とは、常に何かに情熱を注いでいるか、であると常々考えているのに、現実は乖離してしまっています。ちとつらいです。
けど、同時に、いつかこの歴史に残る天才といつか仕事で出会って、彼をうならせる仕事をしてみたいな、と思った。その日まで、俺がんばります。
[PR]
by yuheihosono | 2004-07-02 01:12 | 日常