excitemusic

2006年2月から4月で南極・南米を周りました。7大陸訪問達成!連絡先は以下でお願いします yuheihosono@hotmail.com
by yuheihosono
ICELANDia
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
検索
タグ
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:仕事( 31 )

想像力

今日はGreenz.jpのNaoくんとミーティングした。

http://www.greenz.jp/
(これの編集長ね)



Nao君の素敵なところは、

何かと理念とか理想だけでつっぱしってしまう

環境問題の話を、ビジネスの視点から

きちんと相談にのってくれること。



Bloody Diamondなどで見られるように、

宝飾産業というと何かと利権がらみでうさんくさく

みられるけれど、真珠という産業を発展途上国に

作ることは、実は現地の海洋生態系にとって、

非常に良いインパクトを与えうるということを説明。

で、誰と組んで、どう広報戦略をどうするかを

相談に乗ってもらった。



うちのお店がこれから行っていくことは、当面は

世界各地の心ある真珠養殖者さんとその産地の

産業振興をプロデュースしていくことになるわけだけど、

その次のステップとしては、東京に真珠養殖の

産業を持ってきて、水辺の再生プロジェクトをやりたいな

と思ってたりもする。

(真珠を使って、東京の川や湾岸の生態系を豊かにして、
世界に誇れるような水生空間を作れたら素敵じゃない?
いうなら、僕が写真に撮りたいと思えるような自然美の空間を
この東京に復活させてみたいのです。)



2年前に、世界旅行から帰ってきて、ラジオ番組に出させてもらった時に、

ロバート・ハリスさんに、環境問題について考えるなら、

まず身近なところから手をつけるべき。まず東京から。

といわれたのがヒントだったんだけど、

本当にいろいろな人からもらった、ピースピースのアイデアが、

結合しだして、一つの輪郭を描き出している気がする。




人生は、想像力と行動力があれば、

知識も資金も経験もなくても、とても面白くできる。

そういうことをやっぱり実証したいな。

僕の人生は、それを証明する旅なんだ、と思う深夜3時40分。

ええ、そう、寝言みたいなものです。
[PR]
by yuheihosono | 2009-05-22 03:44 | 仕事

テレビコワイ

クリスメラキャッチがテレビに出るらしい。

ということで、戦闘準備を整えています。



深夜2時のテレビショッピングなら、いいんです。

翌日忙しかったな、という程度ですむので。



でも、今度はプライムタイム。

しかも、特集、らしいわけです。




楽天の人と対策の話をしていたら、

島田伸介がテレビで紹介したある商品が、

実に一週間で8000アイテム売り上げたらしいと聞きました。



しかも出店してわずか1週間の出来事。



これは、悲劇、です。



一日に一人の人間がさばけるオーダーは、大体50オーダーぐらい。

(僕の店の記録は、宝石という厄介ものなので二人で40オーダー。)

開店すぐのお店なんておそらく出荷担当は一人か二人なので、

実に160日分の出荷待ちオーダーがつみあがった計算です。





通販の満足度で最重要ポイントは、配送までの時間です。

ものが届かないという不安は、真っ先に店舗レビューに書き込まれ

その店舗レビューが他のお客さんの不安を巻き起こし、

そこから更に問い合わせに時間がとられ、出荷が更に遅れる、

という負のスパイラルが生まれるからです。





ジャニーズタレントはテレビで商品の感想とかいっちゃいけないって

不文律があると聞きましたが、島田伸介の例を考えても正しい対応だなと思います。






しかも、、、、

TV放映の時期が、僕が南の島でバカンス

必死に真珠の買い付けしている頃なんですよねー。




二年ぶりの冒険旅行は、戻ってきたら閉店セール。

にならないように準備してます。
[PR]
by yuheihosono | 2009-05-12 21:38 | 仕事

Seeking the Bluest SKY!

久しぶりに、冒険旅行です。

今回は、でも、お仕事なんです。

太平洋のど真ん中に真珠を買いに行ってまいります!

飛行機3回乗継ぎで、片道18時間かかります。

ほぼアフリカ並みの時間がかかります。

が、交通の不便さと、風景のゴージャスさは経験上等比例します。

ちょうど一か月後なんですが、待ちきれません。

英語の資料に、現地の気候について

こんなことが書いてありました。

, gorgeously fluffy cumulous clouds and the bluest sky most folks have seen.
(注訳:圧倒される規模の雲とほとんどの人にとって人生最高の青い空が待っている)

BLUEST SKY!

最高です。

こんな美しい英語聞いたことありません。

。。。でも、言葉はうそつきです。

いや、人間の認識には個体差があるといった方が良いでしょうか?

調べてみました。。。

a0032888_123757.jpg


嘘じゃないみたいです。

さあ、これから毎日プールで準備しなきゃ!(何しに行くの?)
[PR]
by yuheihosono | 2009-05-07 01:33 | 仕事

開店二周年♪

ということで、

2009年4月14日に

うちの楽天ショップはめでたく開店二周年となりました。




山あり、

谷あり、谷あり、谷あり、谷あり、谷あり、

な2年間でございましたが、

まだしぶとく生き残っています。




この二年間で、ネットビジネスの環境も大きく変わってきました。

僕が始めたころは、まだまだ真珠の同業種の数も数えるほどでした。



特に僕が扱っている南洋真珠は競合店舗も少なく、

ひたすら安売りをすることだけでも

ある程度の売り上げはたったものでした。



が、ただの安売り商売の末路はいつの時代も常に同じです。



大不況で追い込まれた老舗真珠店舗達が、

最後の生き残りをかけて楽天に参入してきて、

ばかみたいな安売り攻勢をしております。



もちろんそういう安売り合戦では

誰も利益は出ず、愚かな同士討ちが繰り広げられています。



かつて、自分がいたパソコンの業界でも

まったく同じことが起こりました。

同じような性能で同じようなデザインならば、

価格が安いところで買う、という現象です。



革新を忘れたものには常に同じ運命が待っているということです。



僕は他の真珠業者と運命共同体になりたくないので、

自分の運命を切り開くことにしました。




3つ考えがあります。

一つ目は新種の真珠を世の中に出すことです。

今までの真珠、特に南洋真珠の常識では、白・黒・金という

三色しか真珠の世界にはなかったのです。

が、南太平洋の島で、日本人の研究者の方々がこの常識を覆す

新たな発色を研究を行っていて、量産の一歩手前の段階であることが

わかりました。

この方々と連絡が取れたので、既存の常識を覆す新たな真珠を

日本に広めていきたいと思っています。



二つ目は、真珠のデザインと用途の拡大。

真珠のジュエリーって一言で言うと、種類が少なくてださいのです。

(センスのかけらもない俺が言うのもなんだけど。。。)

他の業界のデザイナーの友達とかに声をかけて、

デザインの研究に力入れはじめてます。

(いくつかはすでにかなり好評)

また、スタッフにフラワーコーディネーターがいるので、

真珠をプリザーブドフラワーと組み合わせるとか、

既存の用途の枠を超えた、新しいビジネスモデルを

考えています。



3つ目は、エコジュエリーという概念を世に問うこと。

宝石の中でも、真珠に自分が引かれている理由は、

真珠に水質浄化の力があるという点です。

真珠を使って、ある地域の水質浄化をしたり

という試みを起きているので、その真珠を使って、

作った環境に優しいジュエリーというストーリーを

きっちりうたっていきたいなと思っています。

(ここの話は、発展途上国の環境保護やフェアトレード
にも深くかかわる相当面白い話なんだけど、長くなるのでまた今度。。)



ま、谷ばかりの日々ですが、

夢はあるのでかろうじて生きてます。

お金か気力が尽きるまでは頑張ります。

今日もそんなところで!
[PR]
by yuheihosono | 2009-04-22 02:00 | 仕事

テレビショッピングぅ

深夜にチャンネルを回していたら、

背中に電気が走った。
a0032888_2153065.jpg


ぐぇぇ、クリスメラがQVC(TVショッピングの大手)に出てる。。。

っていうか、うちのサンプルピアスを貸し出して、

無料で紹介してもらうって言ってたのに、

送るの忘れてたYO!

めっちゃ、商機逃してるYO!




でも、今深夜なのに、TVショッピングを見たお客さん達から、

オーダーがつがつ来てます。



クリスメラキャッチ、ホンマ絶好調。

今週はTVショッピング、そして東京コレクションに登場!

世界に羽ばたく一歩手前です。



最近はミヤジ豚の宮地君とか

朝時間のヒロコとか

Table for Twoの小暮さんとか、

女優の美元とか、

ほんと黎明期から知っている友人たちが

みんな世界に羽ばたいてる。



でっかい組織に所属しないでも頑張っている仲間は

ホンマに勇気をくれるわ!


俺もがんばる。

でも、今日はもう寝る!
[PR]
by yuheihosono | 2009-03-27 02:44 | 仕事

人探し中!(楽天のジュエリーショップのお手伝い)

えっと、自分のネットショップで人手が必要なので

アルバイトを探しています。(長期ね)



うちのオフィス(我が家ね)で配送・梱包・

簡単なジュエリー制作(小学校の工作より簡単)の

仕事を手伝ってくれる人を探しています。




週最低3日以上、9時半から16:30の間で3時間以上

働ける女性がイメージです。(男性でもいいけど、学生は基本×)

(時間は毎日固定でなくても大丈夫)

理想は自分でアクセサリーを作ってましたとか、

ジュエリーショップにいましたとかですが、そこは

全然問いません。

時給は900円から1000円ぐらいからで売上に応じて変動します。

もっと欲しい場合は応相談で。

仕事の内容を高度化して、ページ制作数ベースとか、

新商品制作ベースとか、携帯モバイルページの連動性とか

まあいくらでもやり方はあるので応相談です。

交通費はもちろん出ます。

場所は丸ノ内線の新中野と東高円寺近辺です。




背景を少し説明すると、

配送をはYuhei+主婦の方一名(出荷担当)で行ってきたのですが、

自分の時間が配送にかなりとられていて、商品企画とかに時間を

もっと費やしたいので、一名人を入れることになりました。



色々なところで同時に人探しをしているので、先に埋まっちゃったらごめんなさい。

もしどなたかイメージにある場合は下記までご連絡くださいませ。
yuheihosono@hotmail.com

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by yuheihosono | 2009-03-12 19:56 | 仕事

百年に一度の好機

みんなが不況不況っていうので、

チョット書いてみました。

でも、そんなに嘘じゃないです。

今うちのお店は去年の2倍強ぐらいのペースで売れています。

先月単月だと3.5倍強ぐらい。

オーダーが裁ききれないので、去年の一人黙々体制から、

今月は3人で猛然とオーダーを裁き商品を売ってます。

なんでこんなことになるかというと、理由はシンプル。

消費者が安くて実用に足るものを求めているということ。

楽天という場所は元々少しでも安くて実用に足るものを求めてくる

場所だったわけです。

それがこの世紀の不景気という事で、

少しでも安くいいものを求めて、これまでパソコンが

出来なかった主婦層までが、なだれをうってネットでの

購買にシフトしてきています。

この主婦層の行動変化によって、デパートなどの

売り上げは今壊滅的な状態で、駅近くに法外な手数料を

払って店を出すというビジネスモデルは過去のものと

なろうとしています。

------------------------------
不景気といっても、数字だけを追うなら前年度より1%程度社会の

総生産量が減るだけのことじゃないですか。

もし、みんな「平等に」売り上げが1%減るだけならどうってことは無い。

ちょっと我慢すれば良いだけの話。

でも、不景気の本質とは、人間のお金の使い方・行動様式、

言うならば「時代の流れ」を劇的に加速させ、

古いビジネスモデルに必死にしがみついて頑張ってきた人達を、

津波のように押し流し、変化に適応したものを劇的に成長させる、

そういったものなのだと思います。

ビッグスリーとかデパートとか、

日本という国の政治システムとかも。
-------------------------------

でも、守ろうとするものには100年に一度の危機だけれど、

挑戦するものにとっては100年に一度の機会。

アフリカの空港に一人でバックパックを担いで降り立った時のような、

未知に対する2割の恐れと8割の好奇心があったあの時のような心境。

暴風雨の中でじっとするのも手だけれど、

その中でもあえて帆を高く掲げた人こそ、

どこまでも遠くにいけるかも、そんな気もするんです。
[PR]
by yuheihosono | 2008-12-16 02:59 | 仕事

Table for Two アフリカンパーティー。

何でも言ってみるもんだ、

と改めて思った。

今日はTable for Two主催のクリスマスチャリティ

イベントに行ってきた。
http://www.tablefor2.org/jp/index_jp.html

事務局長が戦略コンサルティングのマッキンゼー出身の方なので、

他の慈善団体が行うパーティーと違って、著名な

事業家や社会事業家が山のように来ていた。

クリスメラキャッチを日本でブレークさせるために、

企業家の人たちに商品を見せてアイデアを聞いて回ってみた。

まずDeNAの南場さん(ビッダーズとモバゲータウンの会社)

のところに相談に行ったら、私ピアス安いのしかつけないの!

といって撃沈させられた。

というか、「あなたの店ビッターズに出店しなさいよ、約束ね!」

といって出店を口約束させられた。

ミイラ取りがミイラである。

その後も何人か企業家の方とかマスメディアの方に相談したけど、

うまいアイデアが出てこない。

仕方ない、奥の手だ。

あまりにも恐れ多すぎて腰が引けていたのだけれど、

リヴァンプの玉塚さん(前ユニクロ社長・現企業再生投資会社社長)

のところに相談に行った。

「このピアスキャッチは必ず世界に広まる製品だと思うんですけれど、
まず日本で広めるためにどういうマーケティングをしたら言いか悩んでるんです」

と言ったら、

「じゃあ一緒にブレインストーミングしましょう。メール下さい」

と言って連絡先を渡してくれた。

本当に、世の中何でも言って見るもんです。

リップサービスな気も多分にするけど、でも、ひょっとしたら

ちょっとは道が開けつつあるかも知れない、

そんな気がした冬の夜です。
[PR]
by yuheihosono | 2008-12-11 02:06 | 仕事

危機の十月を超えて

これまたお久しぶりブログです。

ふと気付いたら32歳になってしまいました。

20歳と144ヶ月といえば多少若く聞こえますでしょうか?

今年の誕生日は本当に最高でした。

絶世の美女と過ごしました。

夢の中だけど。

現実は、パソコンのモニターとキーボードが恋人。

これまで二人で仕事を進めてきたけれど、

10月の頭にパートナーが突如戦線離脱。

間の悪いことに売り上げが右肩上がりの時期。

二人でぎりぎりのところで、突如仕事の量が倍に。

ガンバル、では物理的に無理な状態。

コレデオシマイ、の文字が頭をよぎる。

仕方なく、最後の手段、友達に泣きつく、を敢行。

大学時代の友達に、倒産の危機です、と伝えたら、

電光石火で手伝いのできる人を探してくれた。

その間、わずか、二時間。

言葉だけでなく行動で示される友情。

これだけの友情を自分が人に示したことがあっただろうか?



お客さんに影響が出るぎりぎりのところで持ち応えた。

そして、人生と同じくビジネスも危機の後には好機が必ず来る。

今回も、来た。

10月前半に深刻なダメージを受けた売り上げが、

半ばやけくそで開いた店長の誕生日記念セールで持ち直す。

今振り返ると、オーダー数が過去最高の月の、更に2倍に。

<日別売り上げ表>
a0032888_375795.jpg



もうだめかも。

そこで折れるか、その反動でつきあがるのか。

そこが人生の分岐点、、かもしれない。

(折れてたらもっといい人生だったかもしれんからね。)

ま、そういうことで、何がいいたいかというと,

20才になりました。

今年もよろしゅうに。
[PR]
by yuheihosono | 2008-10-31 03:17 | 仕事

生き残りをかけて

こんばんは、

日々生き残りをかけて真珠を売っております、

しがない宝石商です。

商売をやっていてつくづく思うのは、

いかに自分の商品を差別化するということが、

難しいかということです。

ことにジュエリーとか真珠なんて、楽天でバトルを

繰り広げている店は、1-2の例外を除けば、

せいぜい2-3名で運営している零細企業の集まりで、

そんな人たちにできるのはしょせんどっかで大量販売を

しているものを買ってきてさばくか、5分10分でできるような

加工を施したものばかり。

ぱくる気になれば、10分でぱくれるわけです。

隙間をついて一瞬のブームを起こすことはできても、

他店が一斉に飛びつき、市場は荒らされる。

差別化ができなかった店に待つ運命は、

似たような商品を利益を削って安く売るという価格競争。

こうなると、すぐに生きるか死ぬかの状況に追い込まれます。

どうやったら、このスパイラルから逃げ出せるだろう。。。

と考えてみたんですが、いくつか方法はあると思うんです。

一つはこのまま価格競争をしながら、夜も寝ずに膨大な

商品をより低価格で出し続けて規模を拡大させ、

他の競合がギブアップさせる。。。。。。

。。。無理。。。過労死しちゃう。

もう一つは新規の部品を開発し特許を取って防衛するという方法。

この夏、「絶対落ちないピアスキャッチ」を開発した女性に知り合って

この夏からうちの店で取り扱いを開始しました。

うちが事実上初めての販売代理店だったのだけれど、

ピアスキャッチが5000円近い価格なのに、オニ売れです。

特許に守られたオンリーワン商品というのが、いかに強烈かということを

身にしみて感じました。

そして、何より驚きは、それを開発し特許を取得したのが

自分より5歳近く若い、普通の女の子だということ。

http://www.chrysmela.com/topmessage.html

特許っていうと、雲の上の存在に感じるけれど、

そのプロセスを聞いてみると実際は思っていたよりも

はるかに簡単に取れるものだし、逆に言えば特許などでの

防衛がない中で、弱小企業が生き残っていくのは困難です。

でも、自分には特許がない。

図工の授業はいつも5段階で2だったから、発明なんてありえない。

どうしたら生き残れるのか。。。。

自分の仮説では、異業種コラボ、がその回答かと思っています。

真珠という旧態依然とした世界の中に、

他の伝統工芸の息吹を合体させて新しいValueを出す。

一つの業界が飽和したなら、他とのコラボを進めることで、

新しい市場を生み出すしかないのでは、と。

ブルーオーシャン戦略でしたっけ、

血みどろの争いの海を越えて、争いのない真っ青な海を

探し出すっていう戦略。

弱小企業は今の売り上げをやる一方で

その青い海にたどり着かなきゃいけないんで、

実際は赤い海で水死する可能性が高いんですが。。。

でも、赤い海にいたら死んじゃうから青い海に向かって

全速でクロールしかないですね。

こんな苦しい毎日ですが、

でも自分で決めた方向に泳ぐのって、誰かに泳がされてた時よりは

やっぱり全然面白いんでやめられません。

自分はSだと思ってたんですが、Mみたいです。

では、火曜日から香港に買出しに行ってきます!
[PR]
by yuheihosono | 2008-09-15 01:19 | 仕事