excitemusic

2006年2月から4月で南極・南米を周りました。7大陸訪問達成!連絡先は以下でお願いします yuheihosono@hotmail.com
by yuheihosono
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
検索
タグ
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:仕事( 31 )

大きな女性のお店

二日ほど前、

大きな女性向けの服のお店の人達が

商売の提携で、うちのお店まで来ました。



肥満大国アメリカではメジャーですが、

日本にも通常より大きな女性向けの

服のお店ってあるんですね。



服のサイズが、一番小さいので

バスト100アップみたいな感じのお店です。





で、そういうネットショップ方の

お話というのが、3年同じような女性向け

ジャンルを扱ってきた自分にとっても

目から鱗のストーリの連続。


たとえば、

装着写真のモデルの話。

当たり前だけれど、

そういう大きな女性がモデルかと思いきや、

ミニモニみたいな、痩せて小さい

女性をモデルに使っている。


a0032888_043313.jpg


これじゃ、大きな服のお店って

分からんじゃないですか!

と指摘したら、違うのです、と。



以前は、確かにお客さんに分かりやすいように

自分たちがモデルをしたのだけれど、

そういう本物のぽっちゃり系の人がモデルを

すると、売り上げがぐぐんと下がる、とのこと。



いや、それどころか、

装着写真の衝撃が大きすぎて、

2chに写真が転送されて

祭りが発生、

お店が炎上してしまったとのこと。

(売り上げは、祭り効果でV字回復)



通販の基本は、

商品を手元で見ることができないから、

できる限り誠実に商品の情報を伝える、

ことに心血をそそぐわけです。



でも、確かに正確な商品情報ってのは、

必須なんだけれど、でも同時に

お客さんには、その商品を買う理由となる

『夢』の部分を、

どう表現できているのか、

ということも等しく重要なわけなんです。



今回のケースで言うなら、

売っている商品が、特別に大きい服ってことは、

お店の看板やレビューや購入時に選ぶ

サイズを誰でも気付く、と。



モデルのせいで勘違いをした

というクレームが発生する心配はほぼないわけです。



だから、わざわざ、大きな女性をモデルを使って、

馬鹿正直に現実の姿を見せつけられても、

お客さんとしてはちっともうれしくない、ということなんですね。




むしろ、モデルにミニモニを使ってでも、

その服の持つ魅力を最大限に引き出して、

かわいさをアピールして

くれることたほうが、実はお客さんにとっては

自分の幸せを最大化してくれる行為となる。

そういうロジックみたいなんですね。





こちらが想像する誠実さや正直さ、

というのが相手にとっての幸せに

つながらないことって、

人生でも、お店の経営でも、

多々あるわけですけれど、

今回は、本当にそのことを、再度

考えさせる良い機会になりましたわ。
[PR]
by yuheihosono | 2010-07-14 00:31 | 仕事

事務所

人生は何が起こるか分かりませんが、

ここ2週間はそれが加速している気が。。。

先週の日曜日に、

7年に一度の日本屈指の奇祭、

御柱祭を見に行ったら、

駐車場で、

「あんた、せっかくだから、参加していきなよ!」

と地元のおじさん達につかまり、

あの死者が出ることで有名で、

地元の人しか参加できない

イベントに地元の人たちにまぎれて参加し、

見事、右腕を脱臼して、人生3度目の

救急車で病院送りになりました。





で、全く別の話で、今週の土曜日は、

朝9時から渋谷でブレックファーストミーティング、

朝10時から本番ミーティングという過酷なスケジュール

がセットされました。

場所が、笑うしかなくて、

a0032888_172470.jpg


日本屈指の芸能事務所です。

ここに所属している友人が、

ネットの物販の話をしに来てくれ、

ということで呼び出しをくらいました。



主要テレビ局も今や収入減を補うために、

通販番組を流しまくっているぐらいなんで、

事務所もCMや本の出版以外にも

販路の検討をしたかったみたいなんです。

でも、正直ネットでの物販がどれだけ

難しいか知っているので、聞いたビジネスモデルは

現実的でないと伝えたんです。



で、安易にWEBものを売るよりも、

芸能事務所のネットワークがあれば、

僕ならこういう風にビジネスを進めます、

と別のアイデアを提示したら、、、

「分かりました、すぐやりましょう。

つきましては、細野さんご協力お願いします!」

ということになってしまいました。



でも、今回話をしていて思ったのは、

芸能事務所のメディアへの

アクセス能力は、

やはり、

すさまじい、

ということ。




例えば、話の中で、

『今世の中は少子化で、

生まれた子供に対する親の出費は必ず高まっていきますので、

●●を生まれた子供にプレゼントするという物語を作れば、

きっとメディアは反応してくれると思うんですが

XXという雑誌とか、▲▲という媒体ならきっとすぐにでも

記事を書いてくれると思うので仕掛けできますか?』

と聞いたら、

『全部できます。担当者も分かります。月曜日に早速!』

という感じ。



世の中には、素晴らしい商品、素晴らしい作り手が

メディアへのアクセス権が無いために

消えてしまっていることを見て行ったので、

いつか彼らを世に出す手助けができるように、

この仕事も頑張って、きっちり人脈を作ろう!

と思った土曜日の早朝でした。
[PR]
by yuheihosono | 2010-04-19 02:00 | 仕事

借り入れへの道

てんやわんやです。

お金を借りるということをなめてました。

でも、つくづく思うのは、ベンチャーはお金を借りるという

作業を通して、きちんとした企業への一歩目を踏み出す、

ってところでしょうか?

金を借りるには、

自分がきちんと返せる、

ということを証明しなきゃいかんとです。

で、売上以外の経営データが不在だったため、

税理士と一週間の格闘。

そして、結論は、

この会社はまずつぶれない、

ということが判明。

3年間戦い続けてきたなかで、

一番うれしかった瞬間の一つだった。




で、これなら、借入できるのでは?

と思ったら、税理士曰く、

業界経験3年の新規の社長が借入できたら奇跡です。

でも、細野さんにはぜひ【伝説】を作っていただきたい。

とのこと。



で、無駄と思いつつも、

融資の前準備として区の中小企業診断士に会ってきた。

彼曰く、

業界経験10年でも何の努力もしない人間もいるけれど、

この事業を3年でここまで成長させたのだから、

経験年数は関係ありません。

自信を持って満額で申請出しましょう。

とのこと。



経営者の人生はまるでドラクエだ。

毎日毎日、新たなイベントだらけ。

希望と失望は常に交差するけれど、

やはり、道は必ずどこかに隠されている。

伝説の借入、必ずや成し遂げさせていただきます。
[PR]
by yuheihosono | 2010-04-08 23:34 | 仕事

新しい税理士を探してみた

母の代から続く

今の税理士の仕事っぷりに

余りにも絶望感を覚えたので、

新しい税理士を探してみた。

で、中野区で地元密着で

設立から初めの二年間は安くしときまっせ♪

という商売人根性を感じる事務所に行ってきた。

資本金と、売上と現状のキャッシュを説明したら、

成長の早さとキャッシュの少なさに絶句。

『それ、ヤバいですね。最速で借入しましょう。』

と、いうことで合意。

ほんと、

なんでこんなになるまでほっといたんですか

って感じでした。

良い医者と良い税理士は、

早めに見つけて相談に限ります。
[PR]
by yuheihosono | 2010-03-28 10:23 | 仕事

書道家中塚翠涛TVデビュー

ってことで、たまにはブログに書いてあげる。

友達で書道家の中塚翠涛(すいとう)先生が8チャンネルの特集に

出るということなので、事前にブログで事前に書いときます。

本日深夜の3月27日24:05~24:10
フジテレビの「キレイのタネ」

という番組だそうです。

変なイメージはつけたくない、

ということで、メディアへの露出に非常に慎重だった

すいとう先生ですが、とうとう特集番組が組まれました。

既存のシステムが崩壊すると男たちはしゅんとしてしまいますが、

組織に縛られない女性の方が逆に生き生きと

新しい世界観とか価値観を

世の中に解き放ってますね。

頑張れニッポンのマスラオ達!

すいとう先生ブログ
http://ameblo.jp/suitou-nakatsuka/
[PR]
by yuheihosono | 2010-03-27 16:57 | 仕事

キャッシュが足りない。。。

同情するなら金をくれ。

安達裕美の名言にうなずいてます。



金がないっす。

正確に言うと、現金が不足してます。

会社の成長が速すぎて、

売り上げの回収と

次のセールのための在庫仕入れの

タームがかみあわない。

ほんと自転車操業。



昔は、

銀行からお金借りるなんてありえない、

VIVA☆無借金経営☆

とか思っていたけど、

それ、無理。



子供の時の夢は捨てて、銀行に行きます。

頭下げます。靴もなめます。

その代り、生き残ります。



成長をとるか、

安全策をとるか。

もたもたしていたら、市場を他人にとられて、ゲームオーバー。

急ぎすぎるとキャッシュがなくなって、黒字倒産。



まるで、

全力で走りながら呼吸を整えてくださいね♪

って言われているようで、

そんなことできるか!

っていいたくなる。



でも、人生ってそんなもんか。

まだ他人が成し遂げていないことだからこそ、

世の中にとって価値があるし、

達成する面白みがある。

ほんと、しんど楽しい。
[PR]
by yuheihosono | 2010-03-26 00:46 | 仕事

やっと一位がとれた。。。

うちのお店で販売しているクリスメラキャッチが

楽天のジュエリー・アクセサリー部門の

リアルタイムセールで一位をとりました。

a0032888_2185747.jpg



http://item.rakuten.co.jp/lecollier/c/0000000173/

ジュエリーアクセサリー部門は109万商品の登録があるので、

瞬間風速ながら1位となったのは快挙♪

そもそも100円未満が当たり前の

ピアスキャッチなのに4800円という値段にもかかわらず

そこそこ売れ続けていた、大きな可能性を持った商品でした。

が、ここにきて4800円から2980円への値下げを

するという決断を菊永社長がされたので、

メルマガと一月分の広告費をすべてクリスメラ

1点に集中させたところ、爆発しました。



資生堂のTSUBAKIも、広告費を1点集中して、

一線級の芸能人を大量投入することで爆発的な

売り上げを上げたというけれど、やはり、ここぞという時には

勇気を持って経営資源を1点に集中しなければ

きちんとしたリターンは得られないんだということを痛感しました。



そして、もうひとつ言いたいことは、

やはりオンリーワンの価値を持つものは不況だろうがなんだろうが強い!

ということ。



多分、クリスメラは市場で最も高額なピアスキャッチの一つですが、
(多分2位に倍以上の差をつけて断トツで高かった)

それでも、

数十万円のダイヤ無くすなら2980円安いですよね!

彼氏との思い出を2980円で守れるなら安いですよね!

という説明がつくバリューがあって、

販売が激増するマジックナンバー2980円・1980円という

価格帯を提示できれば、やはりお客さんはついてくる、

ということがきちんと証明できました。


しかし、もうちょっとキャッシュがあれば、

この10倍の導線を引いてきて、文字通り

歴史を作れたのになぁ。。。それだけは、残念。
[PR]
by yuheihosono | 2010-02-17 03:04 | 仕事

楽天新春カンファレンス2010

半年に一回行われる楽天の総会が昨日あった。

関東地区の主要店舗がジャンルを超えて集まるので、

いつも何かしら発見や出会いがあるのだけど、

今回は充実していた。

一番印象に残っているのが、ジュエリー部門の

最優秀店舗として知られる店長さんと広告の費用対効果

について話したこと。

楽天の広告は効果が薄まってますよねーという

話をしていたら、5年前は今とは比べ物に

ならなかったんだとのこと。

今は大体40万円の広告で40万円の売り上げしか上がらないから、

お客さんをリピーター化しなければ到底広告の意味は

なけれど、昔は40万円の広告で700万円の売り上げ

とかざらだったんだよねー、1回広告出せば車買えたもんっと。

、、、ああ、これが、先行者利益ってやつですね。。。

複数の情報を統合すると、

やはり楽天が最もProfitableだったのは、

2004年頃というのがよくわかる。

市場の成熟と店舗の数のバランスが絶妙だった時代。

この頃のいくつかの武勇伝が世の中に伝わって、

ネットはもうかる!という幻想を作り出して

過当競争→価格競争→自滅というルートをたどっている。

やっぱり、もうかる、って聞こえたころに動くのは本当にダメ。

あたりまえで、しょうもない話だけど、

本当に痛感させてもらいました。。。。

ああ、本当はもっとためになることがあったのに、

しょうもないこと書いちゃった。。。




三木谷さんが、講演でいくつか予言してたんだけど、

一番ありえるかなと思ったのは、世の中が電子マネーのみに

なる世の中が来るって言ってて、まあ、そんなの前から言われているけど、

でも、確かにお金を持ち歩かないほうが便利に決まっているから、

もっとリアリティを持って、真剣にそれによって生まれるインパクトを

考えれば、巨大なビジネスの機会がごろごろごろごろあるんじゃないの。

それこそ、2004年に楽天やってればよかったなんて考える暇があるなら、

今目の前に一万倍ぐらい巨大な機会が転がっている気がするんだけど。。。

。。。眠いからどうでもいいや。
[PR]
by yuheihosono | 2010-01-15 02:47 | 仕事

2010 世界への挑戦

あけましておめでとうございます。

ファイナルファンタジー13のせいで、

12月28日夜から1月1日AM3時までの

記憶が大変曖昧ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?




とうとつですが、今年の目標は世界への挑戦となります。



9月・10月と楽天のジュエリーの有名店舗で働いていた

スタッフを二人ヘッドハンティングをしてきたおかげで、

ルコリエの店舗運営は劇的に改善されました。

12月の対前年比売り上げは+90%。

僕がいなくてもお店が回る、、、

というか、、、、

スタッフが優秀で会社(兼自宅)に居場所が

なくなってきたので、2010年は海外への逃亡進出

を開始します。




去年の目標はミクロネシアに真珠の買い付けにでたりして、

仕入れルートを強化するということだったんですが、

今年は販売ルートを国内だけでなく、海外に広げる

ということを目標にします。




今日は、年明け早々、藤井さんに紹介してもらった案件で、

台湾市場と中国市場への展開の話をしてきました。

もしうまく行くようなら、今年の春ぐらいに台湾でテレビをつけてもらうと、

元IT業界の輝かしいセールスマンが、

怪しげな宝石商に変わり果てた姿を

見てもらうことができるかもしれません。



超未熟児として誕生したルコリエ楽天店も、

とうとうオンラインの世界を突き破って、外国進出でございます。



ボーダレスが限りなく進むこの時代、

企業の国籍なんてもはや関係ないわけで、

世界から日本に攻め込まれるのは時間の問題。

いつかやられるなら、日本にまだ余裕がある

最後の時間を使って日本から世界に打って出ようと思います。



華々しく討ち死にかもしれませんが、

一度きりの人生、楽しんでいきましょー。

今年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by yuheihosono | 2010-01-06 23:31 | 仕事

ルコリエ・南青山に出店します★

と、いうことで、南青山にルコリエが出店することになりました。

といっても、恒常的ではなく、10月23日(金)~25日(日)の3日間。

楽天のジュエリー主要店舗が南青山で展示会を行うことになりました。

これまでネットでしか見れなかったお店の商品達が、

リアルの販売にも逆進出するという、楽天市場初のイベントです。

http://event.rakuten.co.jp/accessories/jewelry/special/

23日(金)には主要メディアへの露出があるということなので、

がっつりTVに出れるように頑張ります★
(10店舗しか出ないので、多分出れるんじゃないかなぁ)

南青山の骨董通りなので、週末近くにお立ちよりいただける方は、

ぜひぜひお立ちよりくださいませー。
[PR]
by yuheihosono | 2009-10-06 01:27 | 仕事