「ほっ」と。キャンペーン
excitemusic

2006年2月から4月で南極・南米を周りました。7大陸訪問達成!連絡先は以下でお願いします yuheihosono@hotmail.com
by yuheihosono
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
検索
タグ
(1)
(1)
(1)
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2006年 06月 28日 ( 1 )

入院してきます!

明日から肩の反復脱臼の整復手術のため1週間程入院してきます。

そもそも肩の脱臼歴は4回。

記念すべき第一回目は、ヒマラヤ山中の寺院で
お寺の階段を滑って落ちた時。

一眼レフカメラとデジタルカメラと
ビデオカメラを抱えていたため、右手でこれらを守り、
左手一本で手すりをもったら、左肩が外れた。
その後、肩は自動的に整復され、、翌日ヘリでふもとの病院に搬送。

第二回目は、入水鍾乳洞という阿武隈鍾乳洞の近くにある洞窟を探検中。
ほふく前進で進むような洞窟の一番奥で、突然肩がはずれた。
で、どうしても岩の間から脱出できなくなって、レスキュー隊により救出。
洞窟内の気温は水温7度、気温13度なのに、
Tシャツ・サンダル・短パンだったので、
もう少し救助隊が遅かったら、凍死してた。

第三回目は、長野のラブホテル。
旅のお金をセーブするために、ラブホテルに泊まって
手をベットについてテレビを見ていた際に、
でかいくしゃみをしたら、拍子で肩が外れた。

救急隊員達がラブホテルに興味津々で入ってきた時の光景は、
今でも忘れられない。

第四回目は、ボリビアのチチカカ湖。インカ帝国発祥の伝説もあり、
未だに数百年前からの変わらぬ生活を営んでいるこの島で、
水温が一ケタ台なのに、なぜかスイス人とドイツ人の
友人達と泳ごうと言うことになった。

で、泳いだら、肩が外れた。

未開の島で、救助もないまま20時間の苦悶。 
たまたま遊んでいたスイス人とドイツ人の女の子達がプロの看護婦だったから
完璧な看護を受けられたけど、地元の自称医者の人たちに肩を入れるのを
何度も失敗されて、人生最大の苦痛を味わった。
最後はボートをチャーターして自力で脱出。入院。

ということで、もう、脱臼はこりごりなのです。

江戸川病院というところで受けてきます。
http://www.edogawa.or.jp/raiin_annai/access.html

7月6日ぐらいまでいますので、時間のある方はぜひ遊びに来てください。
苦痛には耐えられても、暇には耐えられません(笑)
面会時間は午後2時から8時らしいですが、呼び出しがあれば普通に脱出します。

じゃ、いってきます!
[PR]
by yuheihosono | 2006-06-28 22:17 | 日常