excitemusic

2006年2月から4月で南極・南米を周りました。7大陸訪問達成!連絡先は以下でお願いします yuheihosono@hotmail.com
by yuheihosono
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
検索
タグ
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


阿波踊りの聖地で思った事

2007年8月15日 徳島 阿波踊り 最終日

今年も徳島阿波踊りに参加しました。
2003年の初参加以来、5年で4度目の参加。
そして、マイクロソフトを辞めてから始めての参加。

自分が今所属する高円寺の飛鳥連は、
徳島で最も有名な娯茶平連の姉妹連であるため
今年も4日間の阿波踊りの最後を締めくくる
娯茶平の踊りを観客席から見た。

もう何度も見たはずなのに、涙が出そうなほど感動した。

彼らが演舞場に入ってくるだけで、それまで2時間近く
いくつもの演技を見ていた観客の空気が変わる。

初めて阿波踊りを見るものすら直感的に理解する。
彼らは別格だ、と。

演舞場を多い尽くす圧倒的な数の鼓笛隊。
a0032888_101032.jpg


小学校低学年にして玄人をうならせる
技量を身に着けた天才少年。
a0032888_1004963.jpg


先頭から最後尾にいたるまで整然とした極めて質の高い踊り子達。
a0032888_1011246.jpg


数万・数十万回の反復練習が可能とする技量の極み。
見るものを感動させる踊りとはこういうことをさす。

今年は僕はあの中で踊るレベルに無いということで、
まだ踊ることを許されなかったんだけれど、
その意味が改めてよく分かりました。

もう一年、あの高みを目指してがんばってみようと思います。
[PR]
by yuheihosono | 2007-08-16 10:01 | 日本最良の風景達
<< 富士登山編~雲上に日本最良の風... モダンアートの聖地、直島のカン... >>