excitemusic

2006年2月から4月で南極・南米を周りました。7大陸訪問達成!連絡先は以下でお願いします yuheihosono@hotmail.com
by yuheihosono
ICELANDia
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
検索
タグ
(1)
(1)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


コラボレーション

いやぁ、やっと見つけました。

この3ヶ月間ずーーーーーっと探し続けていた

仕事の相談相手。

この3ヶ月間楽天にお店を出して特に苦労している点は、

2つあって、一つはWebデザインの技術的な問題で

もう一つは魅力的な商品を発見し、それを説明する事でした。

Webのデザインのほうは幸いにもMixiで知り合った

人がプロのWebデザイナーだったので、その人の

全面的なサポートを受けて何とか乗り越えてきたのだけれど、

もう一つの魅力的な商品を発掘し、それがどう魅力を持っている

のかをお客さんに伝えるという問題が、開店以来の

最大の懸念事項でした。

いや、僕の親がそもそもプロの宝石商じゃないかと

つっこむと思うんだけれど、でもね、店頭で宝石を販売する

こととネットで宝石を販売するということは、全く違う作法なのです。

例えば真珠のネックレスならば、店頭ならまず商品を手にとって

見てもらった段階で大きさ・サイズ・輝きといった商品の魅力はもう

ほとんど伝わってしまうので、お客さんに商品を見せて

興味をもってもらえば、あとは

「奥様とってもお似合いですわよ」

という日本語をしっていれば、大体ものは売れるのです。

でも、ネットではサイズや質感を伝えるには、写真の採り方

画面構成、モデルのポージングにいたるまで、その商品の

本当の魅力を完璧に理解し、なおかつターゲットとなるカスタマーに

どういう言葉だったら刺さるかを知り尽くしていなければ

「売れるページ」というものは作れません。

いわば、その商品の魅力を感じとる右脳的センスと、

その魅力を言語化してロジカルに理解し伝える左脳的センスの

同居がWebビジネスには求められるのです。(古くは出版も同じかな)

ので、そういうビジネスパートナーをこの3ヶ月間友人伝いに探し、

そしてようやく回答にたどり着きました。

かつて宝飾業界に在籍していて、自作のジュエリー制作までやる

本格派でありながら、女性が感じるジュエリーの魅力を

男にもロジカルに説明できるという貴重すぎる人材を発見!

商品選定と店舗ブランディングをちょこちょこっと手伝って

もらうことになりました。

とりあえず、DomaniとStoryを買って勉強しろ!

という指令をもらったので、明日の発売日に買いに

行こうと思います。(めっちゃ恥かしいんですけど。。。)

弟子に準備が出来たとき師現る、ってよくいいますが、

確かにピンチの度に、その道のプロが出てきて

助けてもらってます。

先が見えないような難しい問題でも、やっぱりやりながら

回答を探せば、道は見つかるもんなのかもしれません。

人生ってやつはうまくできてるもんです、はい。
[PR]
by yuheihosono | 2007-07-31 23:45 | 仕事
<< どんだけすごいんだよ。。。中国... 7/28(土)神楽坂阿波踊り出... >>